竹の矯め直し

虎竹


何と皆さんビックリされますけんど、竹はたったの3ヶ月で二十数メートルもの高さに成長するがです。先日もお店にお越しいただいたお客様に竹の事をびっくと説明させてもらいよりました。まっこと竹の天を真っ直ぐに目指して伸びていく成長力は他では見られない竹だけのものやと思うがです。


けんど、「真っ直ぐ」天を指すと言いますけんど実は竹は真っ直ぐという訳ではないがです。いえいえ、もちろん竹林でご覧になられた事もあるかと思いますけんど、だいたいは真っ直ぐではあるのですがいざ伐り倒して元の方から目をこらして見てみると微妙な曲がりが右へ左へ...。


そうやにゃあ、たとえば虎竹縁台とか、黒竹玄関すのこのように丸竹を綺麗に並べて使う場合にはこの本当に少しの曲がりでも隙間が開いて美しい製品にはなりません。そこで、竹には「矯め直し」という作業があってガスバーナーなどで油抜きをする時にこの熱を利用して竹の曲がりを矯正していくがちや。


さて、真っ直ぐに矯め直しできるという事はその反対に曲がりをつけるという事もできるという事ぜよ。この虎竹は、縁台の足元のつっかえに使うがですけんど底にピッタリ添うように上の方に曲がりを入れちょります。熱した竹は職人の手にかかったら面白いように曲がるがです。


トラックバック(0)

コメント(2)

西江嘉展 返信

先日、竹皮スリッパ(下駄鼻緒)をお世話になったものです。
一度は交換を依頼したのですが、スタッフの方が敏速かつ丁寧にご対応くださり感謝してます。
履き心地はとてもよく、だんだんと足に馴染んできて歩くのが楽しくなります。
日本古来の文化を守りながらも、現代的なテイストを取り入れながらご発展されている竹虎さんに心より敬意を表します。
九州のある有名な先生から、竹炭は汚染された土壌や水を蘇らすし、お守りにもなる!と聞き、竹炭のお守りをいつも身にしています♪
これからも竹文化継承のためがんばってください。

竹虎四代目 返信

西江嘉展様

竹皮スリッパをご愛用いただき、まっこと(本当に)ありがとうございます。
自然素材の竹皮で編み込んじょりますので
ご愛用いただくほどに履き心地もよくなってくると思います。

竹炭のお守りはエイですね
竹や竹炭でもっと皆様のお役に立てるように
頑張っていきたいと思うちょりますので
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

コメントする