嬉しい竹虎見学


竹虎見学


先日は高知大学付属の学校関係の皆様が、わざわざ竹虎の工場見学にお越しになられちょりました。学校の授業の中で木材を使うたコースがあるようで、まあ、木と竹は親戚みたいなものですきに。なかなか関心があられる方が多かったようながです。虎竹をガスバーナーで油抜きする行程では、熱で見る見るうちに虎模様が浮き上がる様子をご覧いただき、その虎竹が袖垣縁台など、竹製品に製造されていく工程などもご説明させていただきます。


竹虎工場


どこでも同じかと思いますけんど、竹屋で使う機械は全てがオリジナルの別注の機械です。元々このような機械がある訳ではありませんので、自社で設計して製造メーカーさんと相談しながら作るがです。この竹割り機械も、ずいぶん前に県外の工作機械メーカーさんで何度かやり取りして作ってもらったもの。今回の見学だけではないですが、日本唯一の虎竹の事、工場の竹割機械の事などだけでなく、虎竹の里の地域の事、後継者など含めた将来の事などもご質問などもいだたくことによって、反対に自分たちが気づくことや学びがあります。だから、こういう見学は、まっこと(本当に)嬉しいがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25001

« 竹酢液お試し用が新登場 | Main | ああ、虎竹飯かご »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.