浴場の陰の主役とは?

竹すのこ


暑い季節、やっぱりお風呂が気持ちエイですぞね。夏場はシャワーですませてしまう事が多いがですが、暑い時に、熱いお湯にのんびり入るというのも、暑い時に熱い食べ物を頂くのと同じような爽快感がありますちや。


さて、先日もお陰様でゆったりできるお風呂を頂いて、つかりすぎたようで、ちっくとのぼせ気味で大浴場から一歩足を踏み出すと、


「おおっ!」


もう一歩踏み出してみて、


「おおおっ!!!」


ここの出入り口には粋な計らいされちゅうがやったぜよ。まっこと、まっこと、それでなくても気持ちのエイ刺激のある丸竹ですが、風呂上がりで、火照った足裏へ更に竹の心地よい刺激がビンビンとくるがやきに、お風呂場に来られちゃある皆様はこの竹の大活躍に気づいてくれちょりますろうか?あまり目立ってはないですが、縁の下の力持ちとして気持ちの良いお風呂上がりを、更に気持ちよくしてくれゆう陰の「主役」と呼びたいくらいながです。


こう思うたら、雑誌「家庭画報」さんにも取り上げてもろうて、お陰様で皆様から好評いただきゆう黒竹玄関すのこ。製造を始めてから何年も何年もかかりましたけんど、ようやっと皆様に、少しだけご支持いただけるようになったのも自分が使うてみて足が喜びゆうにゃあ...。そんな思いが繋がっただけの事ですろう。お風呂場の扇風機で涼んだらガンバリゆう白竹に挨拶して部屋に帰りましたぞね。

トラックバック(0)

コメントする