竹虎マークの入った竹プレート


竹林


は成長がこじゃんと(とても)早く、毎年どんどん生えてくると言うお話は、この30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」をご覧いただきゆう方ならいつもお話させていただく事やきに百も承知やと思います。そこで、こんな環境にやさしい素材は他にないですし、もっともっと活用せんとイカンと思うちょりますしもしかしたら自分達にかせられた使命かも知れませんぞね。


そう考えたら竹プレートなどは、サイズが小さいので使用する竹の量としては少ないものの、竹表皮を他の製品に使った後の竹の身部分を利用できますので、竹素材を無駄にしないという点では、なかなかの優等生と言えますろう。


けんど、これが面白いものですぞね、ほんの小さな竹札ですけんどレーザー刻印で竹虎マークが入りますと、とたんに愛着がわいてきます。最近では、自分でも結構お気に入りになっちょりまして、とうとう、いつも持ち歩くバックにも取り付けるしまつ。更には「どうですか?この竹プレート、エイですろう?」そう言いながらバックから取り外して、半ば強制的に差し上げた事もあるくらいながです。


レーザー刻印


一度に、こうやってズラリと並べたら後は機械が自動的に刻印してくれるがです。確かに時間は、ちっくとかかりますけんど、ひとつ、ひとつ手彫りすると思うたら、手間はかからないし、同じものが出来ますし、まっこと、技術の進歩というモノは、ありがたいものですちや。


けんど、それより有り難い事は、こうやって刻印させて頂いた竹プレートを時には竹バックや竹籠などに付けさせて頂いて、全国のアチコチにお届けさせていただける事ですぞね。小さな竹札一枚でも喜んでいただけるお客様がおられる事に深く感謝したいと思うちゅうがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25381

« 竹虎四代目くん登場 | Main | 秘密兵器?ウツボかご »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.