高知県立大学「"すごい"をつくる高知の企業」


高知県立大学「すごいをつくる高知の企業」


「"すごい"をつくる高知の企業」と言う小冊子が発刊されたがです。制作されたのは高知県立大学の「TEAM AERU」の皆様自分以外の誰か、そして新しい自分に「会える」と言う思いから活動をはじめられちゅうようながです。人と過去は変える事はできませんけんど、自分と未来はいくらでも変えられますきに素晴らしいと感激したがです。


ペラペラとめくっていきますと食品卸として全国的にも有名な旭食品さん、オーガニックで生姜栽培を手がける刈谷農園さん、四国主要10都市に展開される宮地電気さんなど、魅力的な高知の有力企業様が掲載されちゅうがです。そんな中に高知でも田舎の小さな竹屋である竹虎がどういうワケか特別企画講演会を開催させていただき、このような素晴らしい会社様と共に掲載してもろうちょります。


高知県立大学の講演では学生の皆様が中心でしたきに、日本唯一の虎竹の事はもちろんですが、竹は持続可能な地球にやさしい資源。高知にしかない不思議な虎竹珍しいだけでは売れない。自分のとんがり部分はなんだろうか?とんがればマイナスはプラスに変わる。すべては「一」から始まる。デパートで売れネットで売れるスゴイ竹―なぜか?究極のワンツーマンここにあり、情報発信力とは?―相手は「日本商店街」、「世に生を得るは事を成すにあり」―坂本龍馬。そらが自分にしかできないことか?「才能」とは、と言うような内容でお話をさせていただいたがです。


自分のような者が学生の皆さんにお役にたてる事があるろうか?前はそう考えもしよりましたが、社会人となってから回り道をし、迷いに迷って、こうやって今にたどり着いちょります。まだまだ、この先も大きな迷路が続いて行くがですが、少なくとも今までの紆余曲折については自分が体験したことなので、お伝えできるかと思うちゅうがです。


これから学生生活を経て社会に出て活躍される学生さん達ですけんど、在学中にこのような取り組みを企画され、仲間を集い行動されゆう事に心から共感して応援しよります。自分の学生の頃には、どこかの会社様に訪問に行くことすら、果たして出来たかどうか...。「"すごい"をつくる高知の企業」という題名ですけんど、まっこと凄いのは学生さん自身やにゃあ。本を手にして、つくづく思うがです。
 












| コメント(2) | トラックバック(0)


コメント(2)

謙遜なさってますが、竹虎さんすごいと思います。
一般的な「老舗・職人・伝統工芸」のカタブツなイメージをはるかに超えた
商品開発やネットの使い方…

特にサイトの作り方、すごいですね。
大手ショッピングサイトに似て親しみを持てますけど
ずっと清潔にわかりやすく楽しく作られていて

「生産者の顔が見える~」と言いつつ顔写真だけ載ってるようなのではなく
発信力が半端なく
竹虎のみなさんの様子がよく伝わってきて

なにより、四代目の素晴らしいコンテンツ力(笑)

商品はもちろんですが、
私は竹虎さん自身のファンになりましたよ。

chom 様

竹虎のファンになっていただけたとは
まっこと嬉しいお言葉です、ありがとうございます!
まだまだ出来ていない事ばっかりで
これから少しでも、やりたい事に近づけていきたいと思うちょりますが
このようなお声をいただけるのは
ひとつには先人の積み重ねと、
そして、周りの皆様に助けていただけるお陰ですろう
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25625

« 魚籠の内蓋 | Main | 青竹抱き夫人(婦人) »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.