真っ黒い竹炭バーガーとは?


バーガーキング竹炭バーガー


竹炭パウダーをご存じですろうか?簡単な話しが竹炭を微粉末にしたものの事ですぞね。十数年前やったら誰も知らんかったと思います。ところが、竹炭が燃料として以外の価値がある事が広く知られて、それまで圧倒的に有名やった備長炭に比べて数倍の機能があると分かると、知名度も人気も鰻上りになってしもうて今では信じられない気がしますけんど、何と竹炭や竹酢液の品不足となった時期があった程ながです。


丁寧に手作りしているモノ作りにとって、短期間に急に需要があるというのは決して有り難い事ではないですにゃあ。マスコミ等に取り上げていただけるのは、こじゃんと嬉しい事ですけんど、テレビの場合は一気にきますきに、作り手の方はしっかりと心しておかねば成らない事ですろう。ここで対応を誤ると、せっかくの認知度が逆効果になってしまう事もあるがぜよ。


竹炭の場合も爆発的な竹炭フィーバーは大変な事ではありましたが、ようやく落ち着いてから、すでに何年もの月日が流れ、山は静けさを取り戻し、前と変わらない生産風景となっちょります。あの嵐がやって来たような体験当時は色々ありましたけんど、それまでずっと見過ごされてきた日本の里山の大きな財産に、光を当ててくれたという思いはあるのです。


そして今ではすっかり竹炭が認知されて、消臭用、調湿用竹炭は普通に使われるようになっていますし、食品利用の方もどんどんと進んで、昔なら考えられないような大手コンビニさんで竹炭入り商品が並び、デパートや量販店に入っちゅうような一流ブランドの作る食品にも竹炭パウダーが使われるようになっています。


かつて「炭焼き職人さんには胃腸の悪い方はいない」そう、言われちょりましたがご存じでしたろうか?それはお腹の調子の悪い時には、炭をそのままガシガシかじっていたからなのです。なので竹炭微粉末は最近になって新しく出来たものではなく、実は昔から日本にあって民間療法的には重宝されてきた中の一つながぜよ。


少し前に全国誌の新聞に掲載されていたバーガーキングさんの竹炭バーガーは、期間限定販売が終了した後、再度人気があってか復活したものやそうぞね。竹炭入りの真っ黒パンにイカスミ入りの黒味ケチャップという、「黒」に、こだわったハンバーガーながです。まっこと職業病やにゃあ、こんな事を知ってしもうたら、四国に店舗が一つも無くて大阪まで行かんと食べられないと知っちょっても、どうしても行かずにはおれんがぜよ!


実はバーガーキングさん自体、名前は聞くことがあっても、今まで一度も行った事のないファーストフードのお店です。近くにないので仕方ないのですが、けんど、一口頂いて今まで食べたハンバーガー屋さんの中では、まっこと、本当にダントツで美味しかったですぞね!学生時代に大学近くの細い路地を入ったところにあった、手作りバーガーの店を思い出すような温かい手作りを感じましたちや。


竹炭は無味無臭で味には、そんなに大きな関係は無いので、もともとハンバーガー自体が素晴らしいがと思うがです。お近くにお店がある方は是非「竹炭」を体験されてみとうせよ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25782

« 最高に嬉しい賞状が届いたぜよ | Main | 干支の竹未 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.