虎竹の里炭石鹸と地の塩社


 

地の塩社研究室


もうコチラの地の塩社さんとは長い長いお付き合いになるがぜよ。そもそも炭の吸着力などを活かした炭石鹸を作りたいと思うて、全国の石鹸のメーカーさんを探しまわっていた時に、偶然出会うた熊本にある自然派石鹸の製造会社様やったのです。


小さい頃から肌が弱く、アトピー体質やった自分は、虎竹の里から汽車に2時間ちかくも揺られて高知市内の皮膚科に通いました。母は今でも「皮膚科の病院に一体幾ら使うたか知れん」などと話してくれますが、あまりに快方に向かわない自分の痒みに、ついには神頼みになったのか?菩提寺に連れて行かれて燃えさかる炎の上で真っ裸で捧げられ、祈祷していただいたという記憶もある程なのです。


熊本の大自然


数十個も取り寄せたサンプルや試供品の石鹸を自分が時間をかけて試し、使い心地の良さに満足して最後の最後にたどり着いたのが今の炭石鹸やったのですが、後から会社概要を拝見して、自分達と同じように自然豊かな環境の中で仕事をされている様子が伺えて、こじゃんと安心しましたぞね。熊本には世界有数の阿蘇カルデラがあり水の宝庫などとも言われちょります。その豊富で綺麗な水を使い製品作りをされているのをみて、自分達の炭石鹸を作っていただく事を決めたのです。


虎竹の里炭石鹸工場


たまに炭石鹸工場にはお伺いさせていただく事もあるのです。衣類のゴミをローラーで丁寧に取りのぞき、靴を専用のスリッパに履き替え、手洗いをした上でエアシャワーでホコリやばい菌類が入り込まないよう、さすがに徹底した衛生管理をされちょって、いつも感心してしまうがです。


虎竹の里炭石鹸工場エアシャワー


このような厳重な管理の元で製造されていく虎竹の里炭石鹸ですが、只今、更に使いやすく、皆様に愛される品質にしたいと思うて、リニューアルをさせていただく事にしたがです。一番のポイントは石鹸に含まれる薬用炭とよばれる炭の中でも特殊な炭、つまり当社なら化粧品に属する、つまり石鹸やシャンプー、リンスなど、ごく限られた製品にだけ使われる炭にこだわったのです。


虎竹の里炭石鹸製造工場


薬用炭には細かい分析試験項目があります。化粧品などに適合する炭にするには、この全てにクリアする必要があるのです。これが純度試験から硫化物、シアン化合物、酸可溶物、重金属など、定められた色々な項目があり、普通の竹炭では適合せんのです。自分達には竹や竹炭の専門知識はあっても、このような分析試験の事は分からない事が多かったのです。そこで、高知県工業試験所さんのご協力をいただきながら何度も挑戦し、ようやく適合竹炭の精製に成功したのです。


しかし、まだまだこれで簡単に竹炭石鹸ができるという事ではないがです。虎竹の里炭石鹸の素材は、石鹸素地に水と炭だけというシンプルなもの。その薬用竹炭の含有量などでもパーセンテージを変えた試作石鹸を何パターンも作り、自分はもちろんですけんど、虎竹の里炭石鹸を愛用する社員や、身近なお客様を中心に、時間をかけて使用テストを繰り返していくのです。薬用竹炭は本当に細かでなめならかパウダーですけんど、電子顕微鏡で見ると、今までの薬用炭とは形が違うなど、使い心地に影響のでそうな事も考えられちょりました。


そして、自分が何ともいうても大事にする竹炭の含有量は、今まで同様に最大限にまで持って来たいと、ずっと思っていたのです。まっこと微量な竹炭の増減も人の敏感な肌には嘘はつけないようぞね。0.01%のような細かな刻みで量を微調整し、今まで以上に皆様に喜んでいただける竹炭石鹸にしたいと思えば思うほど、試験期間は延び延びになってしまい、新しい石鹸が出来上がっているハズが、ついには売り切れとなってしもうちょります。炭石鹸をご愛用いただく皆様には、本当にご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ない気持ちでいっぱいながです。


正直申し上げたら、早めに手をうち製造にかかれば、1ヶ月も2ヶ月も品切れというような事はなかったと思うちょります。けんど、せっかく新しい竹炭石鹸の誕生ですきに、少しでも使い心地の良いものを納得いくまで追求したいがです。ご愛用の皆様には、お待ちいただいただけの甲斐はある、本当に使い心地の良い竹炭石鹸になりますきに、どうぞ楽しみにお待ちいただきたいと思いゆうがです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/25983

« 竹の年期 | Main | 感激!虎竹和紙団扇の試作完成 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.