復刻、竹の洗濯籠

白竹ランドリーバスケット


昔は普通に、当たり前のように竹が使われていて、今は別のものに変わってしまった、そんな竹細工は沢山あるがです。懐かしさもあるし、機能面もありますが、それよりも生活にうるおいや豊かさを感じさせてくれるので、竹で復活させてたいなあと思う事が度々ですちや。


ところが、手作りのものというのは、まっこと大変ながぜよ。いったん作られなくなったものは、本当に作れなくなってしもうちゅう。加工機械があるワケでもなし、刃物ひとつで作られる竹細工なので、もしかしたら簡単かと思われる方もおりますろうか?いやいや実は全く反対で、考えてもらったら分かるように、すべて職人の手で生み出さねばならないので、その技が失われたら、何ひとつ再現する事はできなくなるのです。


虎竹ランドリーバスケット


白竹ランドリーバスケットとして販売させていただく籠は、もともと昔から洗濯籠として広く愛用されていたもの。上げ底になっていて通気性を考えた素晴らしい暮らしの中の籠。なんとか復刻できて、ひとつの形になっちゅう良い例ですちや。


この竹籠には白竹だけでなく虎竹のものもあるがです。もちろん昔の磨きの竹ヒゴで編まれた熟練職人さんのようにはいきません。手元に大事に置いて毎日のように眺めている伝統の籠には、それ特有の雰囲気と気品のようなものを感じますけんど、復刻した洗濯籠には、どこかモダンな現代風のスマートさがありますし、何より消えていた灯火をこうして、ひとつでも灯し直すことが出来た時には、まっこと嬉しい気持ちで一杯になるがぜよ。


トラックバック(0)

コメントする