竹炭黒猫クッキー

竹炭黒猫クッキー


ハロウィンなど自分の小さい頃には聞いた事さえなかったですけんど、まっこと時代ですにゃあ。今では、すっかり年中行事として定着しちょって、いつだったか都会の街を歩いていたら今日は何仮装行列でもあったがやうろか?と思いよったら、それがどうやらハロウィンの仮装やったようなのです。お化けやモンスターというより何か、ちっくと別の趣の方もおられて日本独特のハロウィンに進化しゆうのかも知れません。


まあ、それはさておきハロウィンも近いという事もあってか竹虎社員が竹炭パウダーを使った黒猫クッキーを焼きましたぜよ。白猫ちゃんや、マーブル状になったものもありますが竹炭があるだけで、こうやってバリエーションを増やして楽しめるのはエイですにゃあ。竹炭コウモリも、なかなかの雰囲気ぞね。


皆様の周りにも、竹炭入りのクッキーやケーキなど色々な食品が目につくようになっているのではないかと思います。けんど、もともとは「炭職人に胃腸の悪い方はいない」と昔から言われるように、調子の悪い時には炭職人さんは、炭窯でそのまま炭をかじっていたがです。昔の忍者が解毒のために炭粉末を持ち歩いていた等という話しもあります。


竹炭パン


新しいと思われちゅうかも知れませんけんど、昔らか日本で言い伝えられたり、使われたりしていたものながです。ホームベーカリーを購入当初、何度か自分でも竹炭パンを焼いた事があるがですが、その時には3%程度混ぜて焼よりました。今回の竹炭黒猫クッキーには竹炭パウダーは1%だそうです。作る食材にもよるのですが、あまり竹炭を入れすぎても食感がガリガリする事がありますので竹炭を少なくして、黒い色合いは黒胡麻など他の食材で補うなどしても良いようですぞね。


トラックバック(0)

コメント(2)

みーちゃん。 返信

竹炭パウダー、パンやクッキーは良さそうですね。
色がインパクトあるので、どういう使い方が良いか試行錯誤中です(*^^*)
こんなの作ってみたよ、とかアイデアやレシピコーナーがあるとトライしやすくていいかもです。

コメントする