お祝いの三段ケーキ


e商人お祝いケーキ


これはっ!?美味しそうなケーキがぜよ!けんど、この30年ブログ「竹虎四代目がゆく!」に、このようなスイーツが登場するという事は...むむむ、さては竹炭パウダーを使ったものやろうか?いやいや竹炭なら真っ黒い色合いになっちゅうはずなのに一面のホワイト。さては中のスポンジケーキに竹炭を使っているのでは!?白いクリームに覆われたケーキにナイフを入れると中から真っ黒な中身が表れるとインパクトありますにゃあ。おっと、けんど、これも違うのです。


e商人望年会2015


実は高知e商人養成塾という学びの場があって、たまたま自分が代表をさせて頂いちょりますので今年の反省と来年への展望を語る望年会に参加させてもらっていたのです。この日は年末の忙しい中、遠く宮城県石巻市からご講演にお越し頂いていた湊水産の木村一成・朱見夫妻、そしてe商人の2000年立ち上げから塾長としてずっとご指導いただく京都イージー岸本栄司塾長も来られて一年の締めくくりの会となっていました。


クラウドファンディング成功お祝いケーキ


宴もたけなわの頃、おもむろに運ばれてきたのは冒頭にご紹介させてもろうたケーキぜよ。三段ケーキスタンドに載って、まっこと豪華ながです。もしかしたら、誰かの誕生日か、それとも記念日か何かと思いよりましたら...何と今年自分達が挑戦した「日本唯一の虎竹自動車プロジェクト」クラウドファンディングの成功のお祝いとの事ぞね!ええっ!?本当に驚きましたぜよ。こんなサプライズを用意してくれちょったとは!?


しかも、このケーキは塾生のひとり土佐蒲鉾さんの手作り。こちらの会社様では別にケーキ製造会社を持たれているのです、使われているフルーツは井口フルーツファームさんから、ポップコーンはあぜち食品さん、美しさを演出するケーキスタンドは浜幸さん。それぞれ塾生の皆様が協力して今日のために、このような素晴らしいケーキを用意してくれちょったがです。


まっこと、ビックリして、嬉しくて、感極まって言葉になりませんちや。思えば、このクラウドファンディングへの取り組みも、塾生の一人に背中を押していただいてこそスタートしたのです。田舎の小さな竹屋ですきに自分だけでは本当に何もできないがですが、今年もこうやって多くの皆様に助けられ、教えられて何とかやらせて頂いちょります。


ケーキカット


本日お越しの木村夫妻は銀婚式が東日本大震災で流れてしまわれたとの事やったので、未曾有の災害を乗り越えられたお二人とは比べることもできませんが、この機会にという話しで一緒にケーキカットをさせてもらいましたぞね。


竹虎四代目


そして、今年最後にいただくお祝いのケーキは格別ぜよ。実は自分は何もしておらず、こうして心のこもったスイーツを頂戴せねばならないのは当社社員はじめ他にもおるがですが、まあ代表として食させてもらいましたぞね。2015年も後半月、色々あった一年ですが、e商人の塾生の皆様からは初夏の出版記念に継いで二度もお祝いのケーキをいただいた今までにない年でもありましたぜよ。この恩送りは、2016年にこじゃんとやる決意をしちょります。ありがとうございます!


出版記念ケーキ













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26145

« 美しい碗籠ができるまで | Main | 煤竹について »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.