竹炭ねずみのスポンジケーキ

竹炭芋キントン(Bamboo charcoal)


芋きんとんは、薩摩芋を蒸してつぶしたあと団子状に丸めて作る食べ物ですけんど、「何っ!?黒い団子とは...?」想像していた芋の色合いとは随分と違う色合いに面食らっていましたが、おっと、それそれ!その黄色いが自分の知っている芋きんとんだと思っていたら外は普通の黄色い芋金団ですが、半割にした中身を見せてもらうと又謎の黒い物体が...!?


一体、この黒さは何かと言いますと、多くの方が予想していましたように実はこれは竹炭パウダー入りの芋きんとんぜよ。きんとんのような口辺りが滑らかな食材に入れると粒の大きな竹炭だとザラザラしてしまいがちですが竹虎の竹炭パウダーは15ミクロンと微粉末ですきに舌にも残らず美味しくいただけますぞね。


竹炭スポンジケーキ(Bamboo charcoal)


可愛いネズミのスポンジケーキにも竹炭が入れられちょります。竹炭の分量を調整することによって色合いを変えられるので綺麗なグレーが出ていて、まっこと素晴らしいがです。アーモンドの耳、秀逸なのは竹炭を混ぜ込んで黒くしたチョコレートで描かれた目や口、ヒゲなどちや。


チョコレートに竹炭とは考えた事も無かったですが、最近は海外でもBamboo charcoalと呼ばれて竹炭は静かなブームとなって料理に使われる事が増えているのです。今回のスポンジケーキでも漆黒の色合いがケーキ全体を引き締めて、こじゃんと(とても)美味しそうにもしてくれちょりますし小さなケーキですが高級感を感じさせてくれるがです。こうして見たら竹炭のスイーツの世界はまだまだ広がりそうに思いよります。


トラックバック(0)

コメントする