竹虎通信2016年5月号、若き新入社員たち

竹虎通信2016年5月号


竹虎で毎月発行している竹虎通信は、自分達からお客様への短いメッセージのようなものですが、その月々で一番お伝えしたい旬の情報をA4用紙一枚にまとめてお送りさせて頂いちゅうがです。振り返ってみましたら2002年9月から毎月必ず続けていますので、実は、もうかなりの回数を数えているかと思います。そう言えば通し番号を入れてなかったにゃあ...来月号からはナンバリングをしてもエイですにゃあ...。まあ、それはさておき今月の通信では、こじゃんと(とても)嬉しい内容を掲載しているのです!


今月の竹虎通信を一目ご覧いただきましたらお分かりのように大きく中央に載せているのが5月号の主役、宮谷君ぜよ。地元高校を卒業されて新卒で入社して頂いたニューフェイス!まさにピカピカの一年生ながぞね。このように新入社員にスポットを当てて紹介しますのも、あまり無い事かも知れませんが、自ら職人の世界に飛び込んで来た宮谷君に、それだけ大きな期待が掛かっているからなのです。


新卒の方で竹虎の工場での仕事を選んでいただき入社いただけるなど今まで本当に少ない希な事なのです。数年前に大崎君が職場に来られた時にも同じように感じたのですが、若々しい新顔が一人増えるだけで工場の雰囲気は随分と明るく風通しが良くなったように思います。


まだまだ日も浅く、職人としての修行が始まったばかりではありますが、数年先輩の大崎君は、日々成長を続けてくれて近頃では顔つきから入社の頃とは全くの別人のように逞しくなってきちょります。モノを創る事に関わりたいと言う事で来られる事のなった、このような若者達が自分の力を発揮して活躍できる日が一日でも早く来るように応援していきたいと思うちょります。


トラックバック(0)

コメントする