竹炭のペットたち

竹炭ペット(Bamboo charcoal Pet)


竹炭ペットをご存じですろうか?竹虎のサイトにご来店いただいて竹炭を探しているうちに竹炭ペットを見つけてお問い合わせをいただく事もありますけんど、もう十数年前からずっと根強い人気を誇りつづけちゅうペット達ぞね。炭塗料をポリレンジ素材の真っ白な動物の型に塗布した置物をメーカーさんが開発された直後に、たまたま目に付いたのが自分が当時飼っていたゴールデンレトリバーそっくりやったもので可愛いにゃあと思うたのが始まりぜよ。


竹炭ペット(Bamboo charcoal Pet)


素材自体は型を使うて大量生産できるものなので竹細工などとは随分と違うものですが、二度塗りして制作される塗装にはすべて専門の職人さんが一つ一つ丁寧に手塗り、乾燥を繰り返して仕上げられちゅうのものなのです。竹炭塗料の中に漬け込めば早く出来あがりそうなものですが手塗りでないと身体の毛並みなど細やかな表現ができず、すべて職人の手仕事というのが気に入ったところぜよ。


竹炭ペット(Bamboo charcoal Pet)


「人形は顔が命」と言われますが本当にその通りやと思います。鼻や爪など細部の仕上げ塗りの中でも特に目に光沢のある塗装を職人さんが施す瞬間、まさに竹炭ペットに命を宿すように感じて、ついつい仕事に魅入ってしまうほどですぞね。


竹炭塗料(Bamboo charcoal paint)


竹炭塗料(Bamboo charcoal paint)は元々は床下の基礎部分や室内の壁面部分などに調湿や消臭、遠赤外線、マイナスイオン効果のために塗布するものなのです。新しく家を建てられる方や、リフォームなど多少なりとも手間のかかる場合での用途が多いので、あまり一般的に利用される事は無かったがです。


ところが、このような小さな置物にも使用を広げる事によって今まで以上に多くの方に竹炭を知っていただき身近に感じていただく事ができるようになったがぜよ。


竹炭ペット(Bamboo charcoal Pet)


犬派はアウトドア、猫派はインドアというように勝手な自分の印象がありますが自分は圧倒的に犬派なのです。虎竹の里のような田舎では一軒家が普通で、狭いながらも庭があったり、池があったりするお宅も多いがです。だから犬や猫が家にいるのは当たり前のように思うて育ちましたので小さい頃から近所で犬をもらってきて飼いよりました。けんど、猫を飼おうと思うた事はないですにゃあ(笑)


竹炭ペット(Bamboo charcoal Pet)フクロウ、福郎、不苦労


竹炭ペットは鳥やウサギもいるのですが、フクロウは「不苦労」とも「福郎」とも書きますし、西洋では知恵の象徴ともされてちゅうので好きな方が多いようです。お客様からのお便りで、とにかくフクロウの置物を焼き物だうろが、金属、自然素材など何でも問わず収集されている方もおられましたちや。もちろん、竹炭フクロウもお届けさせて頂いたのですが、まっこと(本当に)世の中には色々な好みの方がおられて、それぞれの楽しみ方もあり面白いものやと思うがぜよ。


トラックバック(0)

コメントする