竹帽子と竹虎ロゴマーク入りヘルメット

竹帽子、竹虎四代目,作務衣,さむえ,SAMUE


先週に、竹のヘルメットのお話しをさせてもらいましたけんど、ヘルメットと聞くとどうしても硬くして頭の保護のためのものというイメージあります。実際、竹は皮を残し縦割しただけの素材であれば堅牢な細工が可能ですので兜や鎧などに使われていた事もあるのです。


しかし、防暑対策のための帽子という事でしたら何を隠そう自分も職人さんに編んでもらったものを使いよります。実は自分は小学校の頃からの帽子好き、いちど気にいると毎日被っていくのであまりの汚れに校長室に呼び出されて「そろそろ、その帽子は捨てなさい」と叱られた逸話がある程ぜよ。


この竹帽子は自分の愛用していた帽子を参考にしてもらって同じサイズで製造したのですが、やはり布と竹は違います。布は頭の形に合わせて自由に形が変わりますが、細い竹ヒゴでガッチリとゴザ目編みにした竹はそうはいきません。そうこうしながらジャストフィットする帽子を作ってもらっていたら10個近くも作ってもらう事になったのです。


竹虎ロゴマーク入りヘルメット


それはそうと、最近生まれてはじめてヘルメットを購入したがぜよ。そもそもバイク屋さんなどあまり行くことがないので長い間店員さんに説明いただきましたが、安価なもので良いと思いよりましたが、大事な頭を守るものなので結局「アライ」という有名メーカーのものにしました。


このヘルメットにの内側にスピーカーを取り付けてもらって走行しながら携帯電話で話せるようにもしちょります。これにはBluetooth(ブルーツース)が必要なのてすが自分のガラケー電話には付いていません。そこで、わざわざ少し多く古い機種ですがBluetooth(ブルーツース)搭載の機種に変更しましたぜよ。


まっこと、こんなにして一体何に使う?バイクは乗りませんぜよ、日本唯一の虎竹自動車用なのです。長距離走行ですので出来るだけ安全を考えて用意してみましたぞね。何ですろうか?竹虎ロゴマーク...もちろん、またご覧いただく機会もあるかと思いますけんど前だけではなく両サイドにも大きく入れちょります。


トラックバック(0)

コメントする