竹虎インターンシップ2016、竹林見学

竹虎インターンシップ2016、竹林見学


竹虎では毎年夏休みわ利用して大学生、専門学校生を対象としたインターンシップを開催ざせてもらいよります。2週間の間に土日休みで10日間という短い日程ではありますが、第一週目の5日間で竹虎の会社概要から竹林見学、工場研修、店舗配送研修など現場の実習をしていただきます。


竹虎インターンシップ2016、竹林見学


近年は自分があまり関わることができなくなり、竹虎の事を深くお話しさせてもらう機会が少なくなって残念に思っているのですが、せめて竹林見学だけはさせてもらいたいと思い何とか時間をとって学生さん達と竹林にやってきたがです。


竹虎インターンシップ2016、竹林見学


虎竹の里のある竹は殆どが虎竹(淡竹)なのですが極一部に孟宗竹の竹林もあるのです。大きな筍のできる孟宗竹は食料としても重宝されてきましたし、直径が太く、20数メートルもの高さに伸びる大きさから様々な利用価値がありましたので、この虎竹の里でもほんの少しではありますが植えられています。


竹虎インターンシップ2016、竹林見学


虎竹と孟宗竹が小さな山道を隔てて生えている場所があり、両方を比べて竹の違いをご覧いただきます。学生さんや普通の方にしたら同じ「竹」という一つの大きなジャンル分けされているだけのものが実は自分達にしてみたら全く別モノであるという事を、まず知ってもらいたいのです。


竹虎インターンシップ2016、竹林見学


虎模様の浮き上がる不思議な虎竹ですが、この模様も3年程度の月日が経たないと色が出てきません。根元に竹皮の残っている今年の春に生えた竹は青々としています。竹皮自体あまりご存じなかった学生さんたちですので、この竹皮でオニギリを包む包材ができたり、草履が編まれるなど、もしかしたら考えた事もないかも知れませんが、この若竹のように真っ直ぐに伸びていく方ばかり。2週間の研修が少しでも、その成長のお役に立てればと思うちょります。


トラックバック(0)

コメントする