竹虎インターンシップ2016、竹酢液(ちくさくえき)

竹虎インターンシップ2016、竹酢液


竹林見学の前には必ずお話しさせていただく事がありますぞね。それは竹酢液(ちくさくえき)の事なかです、竹酢液は竹炭を焼くときにモクモクと窯から立ちのぼってくる煙を冷やした液状のもので約300種類もの有効成分が含まれると言われますが「酢」と名前が付くように強い香りがあるのです。


竹虎インターンシップ2016、竹酢液


この竹酢液を何に使うかと言いますと藪蚊対策です。虎竹の伐採は冬場なので、山に頻繁に来る時期にはあまり必要ではありませんが、やはりこの時期の竹林には自然の防虫剤として活躍してくれます。竹虎の竹酢液は排煙口の温度で排煙口の温度で80~150℃の温度帯でしか採取しておらず1年間貯蔵してタール分を除去した安心の竹酢液を10倍程度に水に薄めて使いゆうのですが、この独特香りが好きな方と、苦手な方に分かれます。


竹虎インターンシップ2016、竹酢液


そこで、まず手のひらにスプレーした香りを試してもらいます。もしかしたら多少苦手な方もおられるかも知れませんが、せっかく虎竹の里に来られて恐らく一生に一度かも知れない竹林見学ですので竹酢液を肌の露出した腕などに振りかけ試して頂く事も研修の一つなのです。


以前、同じような暑い時期にテレビ番組の収録でアイドルの方が来られた事があったがです。山に入る前にタップリと竹酢液をスプレーさせていただきますと高価バツグン!「この竹林は蚊が全然いないねぇー」と言われちょりましたが、実は蚊がいなかったワケではなく、この竹酢液スプレーのお陰やったのです。


そうそう、以前どれだけ蚊除けの効果があるのか自分が実験した動画がありますので、よろしければご覧ください。





トラックバック(0)

コメントする