かぐや姫の誕生日、7月7日説は本当か...!?


竹林


竹取物語と言えば日本最古の物語と言われて竹取の翁(おきな)と美しいかぐや姫の登場する誰もが知っているお話しです。筍は驚異的な成長力を持っていて、わずか3ヶ月で親竹と同じ大きさに成長しますが、竹から生まれたかぐや姫も同じくたったの3ヶ月で成人するなど自然の竹と調和のとれたストーリーが素晴らしいのです。


さて、そんなかぐや姫のお話しは皆様ご存じの通りですが、では一体その誕生日はいつかご存じですろうか?実は、バースデーは7月7日ではないかという俗説があるのです。


虎竹の里


7月7日といえば七夕でもあり、また全国日本竹産業連合会が「竹の日」としても制定しているように竹には縁の深い日でもありますので、もしかしたらそのような話が持ち上がったのかも知れません。残念ながら、かぐや姫の物語は成立年、作者とも詳しいことは分かっていないので生誕日など今となっては確かめる術もりませんが、もしかしたら7月7日説が正しいのかも...!?


思わず考えてしまう神秘的な竹林の光景に出会いましたぜよ。竹取の翁は竹林の中で光っている竹を見つけて、かぐや姫を探しあてましたが、その昔、翁が足をとめた竹は、このように光輝いていたのではないろうか?そんな竹があるのです。(明日に続く)













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26394

« 亀甲竹の不思議で面白い話 | Main | あれは、かぐや姫が生まれた竹かっ!?光輝く竹 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.