七味入れへの刻印


竹製七味入れ


竹虎で販売させてもらっています竹製の七味入れには、炭化竹、胡麻竹、白竹の三種類があります。時期的な事もあり白竹は材料不足で現在欠品となっていますが、ご家庭用として使われるよりも店舗様での使用が多いため「七味」「山椒」などの刻印をさせていただく場合が多いのです。


気にとめていないと意外と人は見逃してしまいがちなのですが、今度お蕎麦屋さんなどに行かれる機会があれば少し注目いただきたいのです。丸い竹をそのまま使った七味入れなら、すぐに竹と分かりますが、角形のその七味入れも、もしかしたら竹製かも知れせん。


自分の小さい頃には食卓の中央には竹製の手付き平台があり、その中にだけでも竹箸を立てた竹筒や、竹製楊枝入れなど沢山の竹細工がありました。楊枝入れなど亀の形をあしらっていて、首が左右に揺れるように作られた遊び心あふれる楽しい物でした。小さくて何てことのない卓上ツールの七味入れですが、こうして竹があるだけで少し嬉しくなってきます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26424

« 竹炭職人の竹酢液へのこだわり | Main | 第57回全国竹の大会東京大会 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.