虎竹削り箸が新しくなります。


虎竹削り箸


虎竹削り箸は日本唯一の虎竹を一本一本職人が手削で加工しているお箸です。細身で軽くしなりがあるのが特徴で、魚料理の際に小骨も取りやすいと人気でずっと定番としてあったお箸なのです。今回のリニューアルは、せっかくの虎竹箸なのでもう少し高級感をだして、よりご満足いただけるものにしたいと思い今までのウレタン塗装から漆仕上げに変更することにしました。


黒竹筒箸箱入り虎竹箸


そして、そのタイミングで黒竹筒箸箱も新しくしようと思っています。こちらは今までのマグネット方式から籐を使ったタガ留めに変えていきます。「タガ」は皆様ご存じでしょうか?木樽や木桶がバラバラにならないように竹編みの輪を作り締め付けていますが、その竹編みをタガと言います。黒竹筒箸箱の蓋の開閉にタガを使いますが、黒竹にはやはり自然素材が似合うと思いますし使い勝手も向上するのです。


箸箱にタガを使いますが、更に中に収納する虎竹箸にも小さな籐のタガを作ってお箸をしっかりまとめて納めるようにもします。筒箸箱の中にお箸をそのまま入れるとガチャガチャと音がしますが、タガで留めて入れると明らかに座りがよいのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26492

« 1870年創業、山岸呉服店さんの新聞記事 | Main | Premiere Classe Tuileries、パリの展示のニューヨーカーが遂に完成 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.