使い込んだ虎竹二折財布


虎竹財布


自社製品を長くご愛用いただける事は、どんな会社様であっても職人であっても本当に嬉しい事だと思います。この虎竹二折財布が修理のために本店に届けられた時には社内で「すごーーーい!」と歓声が上がりました。


虎竹の色合いは深まり光沢がにぶく光っています、毎日手にしていただき実際に使っていただいた虎竹から伝わる迫力。折り曲げて使う財布ですので、細く割った竹部分に負荷がかかってしまい竹が剥がれてしまっています。ご自分で修繕された跡が残っていますが、どうしても直りきらずに当社に返ってくることになったのです。


しかし、見れば見るほど格好が良いものです。竹についたキズも、これだけ使い込んでいますと勲章のごとく輝いています。早くお客様のお手元に手直しした財布をお返ししたい、どんなお顔をされるだろうか、出来あがりが待ち遠しいのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26496

« 黒竹の丸窓? | Main | 九州なら、お土産は決まって銘菓「びざえる」 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.