竹首枕の孟宗竹素材について


スマホ首、ストレートネックの竹首枕


半割にした孟宗竹の大きなアーチがスマホ首とも呼ばれるストレートネックの改善に少しづつお役にたっているようです。お届けさせていただく出来上がった竹首枕をご覧いただきますと表面は綺麗に加工されていますし直径から竹の身の厚さまで何気にご覧になられるかも知れませんが、実は自然の竹は当然ながら全て個体差がありますので同じ頃合いにするのには素材を選ばねばならず非常に苦労している所です。


スマホ首、ストレートネックの竹首枕


竹は生命力が強く成長も早いのですが、孟宗竹もさすがに日本最大級竹だけあって東北より南でしたら全国どこでも生えており今では邪魔者扱いされる事があるほどです。なので限りなく伐採ができそうだと思われるかも知れませんが、いざ製品加工にしようと思いますと厳選せねばならず、皆様の想像よりはるかに少ない数量しか出来上がりません。


スマホ首、ストレートネックの竹首枕材料


今回の竹首枕用の孟宗竹などは、わざわざ太いものばかりがある竹林を選び伐採しています。そして、さらにその中でも太く年数の良いものだけを厳選して使用しているのです。


スマホ首、ストレートネックの竹首枕材料


塗装をしていますので下地は分りにくいのですが、素材の状態で炭化加工と言われる蒸し焼き状態にして防虫、防カビ処理をほどこしてから製造されています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26479

« バレンとカシロダケ | Main | 佐藤千明さんの竹籠 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.