黒竹箸箱が弁当箱・携帯用限定で帰ってきましたぞね。


黒竹箸箱


黒竹箸箱が弁当箱・携帯用限定で帰ってきましたぞね。竹集成材で製作した箸箱本体こスライドさせる黒竹蓋部分は太めの黒竹を厳選して使用していますが、良質の黒竹材が少なくなってきたこと、そして自然素材そのままに活かした製品だけに加工が難しく、ずっと前に製造されなくなっていた商品なのです。


黒竹箸箱、虎竹ランチボックス


今回は持ち運びしやすい全長21センチのサイズの箸箱という事で、男性の方でも短めながら十分ご使用いただける19.5センチサイズの竹箸もお付けてしての販売です。竹虎にあります弁当箱にあわせるとしたら虎竹ランチボックス(長角)と同じ長さですのでペアでご愛用頂きますと雰囲気もピッタリなのは、画像でご覧いただいております通りです。


黒竹箸箱と竹箸


製作が大変なだけに通常の箸箱と比べても自然の黒竹の風合いそのままに活かした箸箱は格別です。長さを揃える事によって持ち運びの利便性もよくなりました。


竹には大きな特徴として竹節があります。竹製品を作る場合には出来るだけ節のデザインを活かしていくのですが黒竹蓋にも竹節が取り入れられ見た目にも感じが良いし、スライドさせる時にも使いやすくなって一石二鳥の作りなのです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26778

« 大火災から30数年、まだまだ燃えている。 | Main | 竹虎四代目も歩けば人に当たる »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.