アウトドアに竹スプーン、竹フォーク


竹スプーン、竹フォーク


「Mamiyo」とレーザー刻印した竹スプーンと竹フォークを持参されているお客様に出会いました。竹カトラリーは色々あるのですが竹虎で販売しているカトラリーは「極上」としてあるだけあって一味違います。竹は表皮に近づくほど維管束と呼ばれる繊維の目が密集していて丈夫です、なのでスプーンにしろフォークなどにしても出来るだけ表皮に近い部分を丁寧に削り出して一本づつ製作されているのです。


竹スプーン、竹フォーク、snow peak


持って使うものですので手にした感触が大事です。自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、その時に使うのが半円形のふっくらとした厚みが手に馴染んで心地よい極上竹カレースプーンです。やはり口当たりが金属とは全く違うので竹を使い始めると、ずっと愛用される方が多いと感じます。


金属製のスプーンでも素晴らしいものは沢山あって、カレーを食べるという機能面だけを言えば竹ばかりが優れているという事はありまん。しかし、竹には竹ならではの人への優しさや温かさがあります、持った時にホッと安らぐような心持になるのです。このお客様も、このように携帯されているのは外食時に竹の温もりを求められているのかも知れません。


竹スプーン、竹フォーク、snow peak


それにしても、さすがに都会の方だけあって洒落た入れ物で持ち歩かれています。マジックテープで使いやすさも抜群のようですし、丈夫で汚れにも強そうなアウトドア仕様です。どこのブランドかと思えば自分でも知ってるあの有名な「snow peak」、竹とアウトドア用品という組み合わせは今まであまり考えたこともありませんでしたが結構面白いのです。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/26998

« 世界竹会議への決意!あまりにも英語がひどいので文字入れした。 | Main | 第18回竹虎インターンシップ、いよいよ来月開始 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.