修理に帰ってきた長年愛用頂いた虎竹ハンドバック


虎竹ハンドバック


「これは、こじゃんと使うてくれちゅう(とても使ってくれている)!」


修理のために帰ってきた虎竹ハンドバックを見ると、お客様がどれだけ気に入って毎日のようにご愛用いただいているのかが分かります。虎竹の表面には独特の光沢が出て新しい製品より何倍も何十倍も魅力的に見えます。


虎竹ハンドバック持ち手部分


修理をせねばならないのは虎竹ハンドバックのハンドル革部分です。硬い竹と柔らかい革を合わせているので特に稼働する持ち手には負担がかかるようです。他にもこれだけご愛用いただけるのであれば、この際少し手直しされたらよいと思う所があります。今後のご使用で支障がでるという事ではありませんが両サイドのマチ部分に使っている革も同じく修理したくなります。しかし、それはお客様が長年気に入って使用され「味」となっている所なのでそのままとのご要望でした。確かにこれなら早くお手元にお届けできるかと思っています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27234

« スズ竹アタッシュケース | Main | 特大70センチ、プロも絶賛する最強の別注竹ざる »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.