迫力の力竹、石箕


石箕


土や石を運ぶ作業に箕を重宝しますが今では土木用の箕の多くはプラスチック製ではないかと思います。しかし実際に使ってみると使いやすさという点では竹製の箕には全くかないません、強さとしなりを兼ね備えた竹は重たいものを運ぶ時には、しなりがクッションのような役割をして腕への負担が軽減されるのです。腰当たりがよいのも長時間の仕事になればなるほど違いが出てきます。


箕、竹虎四代目


それでも時代の流れと共に、付加価値の付けにくい国産の竹製石箕はほとんど見られなくなりました。そんな中ねこの力竹の迫力は素晴らしい。力竹とは籠や笊に重たいものを入れた時の耐久性を高めるために底部分を補強する骨竹の事、無骨な印象をあたえる石箕には色々あってもこんな迫力ある力竹を使っているものは珍しいです。


箕は実用品としてだけでなく、福をすくうという意味あいで古くから縁起ものとして愛されてもきました。このような力強い箕なら、少しくらい落ち込んでいても強運を強引に引き寄せてしまいそうです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27244

« 「しかし、暑い...」温暖化?歳末とは思えない虎竹の里 | Main | 工房で見た中国製の竹加工機械 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.