竹編み素地に和紙と柿渋、漆で仕上げる一閑張り


一閑張り竹骨素地


竹編みの素地に和紙を貼りつけて柿渋や漆を塗布して耐久性を高める一閑張り(いっかんばり)があります。あまり知られていなかった技法だと言われる方もいますが昔から日本に広くある当たり前の技術であり、自分にとっては破れた障子に紙を貼って隙間風が入るのを防ぐくらい普通に職人さんがされていた仕事の一つです。


和紙を貼って仕上げる前の竹編み素地は、このように四ツ目編みされたものであまり一般の方が目にする機会はありません。思えば土壁も柱と柱の間にこのような竹編みをして土を塗りつけていきますので、このように目立たない骨材としても竹は長く使われてきたことになります。


一閑張り竹骨素地


この竹編み素地の職人の所で面白いものを見つけました。どこかのデザイナーさんとの仕事で試作したものだと言わていました。


一閑張り竹骨素地


四角い行李などしか製作されていたなかったものを、このような形にして蓋付きになると確かに目をひきます。


一閑張り竹素地


現実的なことを考えると難しいことばかりすぐに頭をよぎりますが、この視点と職人のチャレンジ精神は絶対に必要なものです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27303

« 人間共存植物 | Main | ケ・ブランリー美術館で「空(くう)を割く 日本の竹工芸」 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.