人間共存植物


竹林


竹は撹乱依存植物だと大学の先生に聞いた事があります。聞き慣れない言葉ですが自然界では弱い立場の植物が人の手が加わる事により勢力を増していく事があるそうでイネ科の竹などは典型的だと言われます。強い、弱いではないかも知れませんが樹木に比べて寿命の短い竹が、驚異的な成長スピードや強靭な根で成育域を増やしていく力で、自然界の中で生き残ってきたというのは分からないでもありません。


美しい竹林


「撹乱依存」という言葉自体があまり良い感じではありません。人間共存植物とでも呼んだほうが竹にはピッタリの言葉だと思いますがそれはさておき、毎年筍が生え、猛烈な早さで親竹と同じ大きさになって、人の手が入らなくなった竹林が荒れた竹藪になっていく事は確実な事です。


孟宗竹


しかし、その一方でしっかり管理され、人の暮らしと共にある竹林の美しさは一言で言い表す事はでません。美しい竹に足をとめて眺めていると手入れする山主さんの姿が何と幸せそうな事か!?竹は竹林にある時が一番美しく、それは人と一緒にある時の姿でもあります。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27302

« 久しぶりの国産山ぶどう手提げ籠バック | Main | 竹編み素地に和紙と柿渋、漆で仕上げる一閑張り »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.