白竹三段弁当箱の50年


白竹三段弁当箱


飴色になって何ともいえない威風堂々とした白竹三段弁当箱があります。ちょうど50年前に製作したと言いますが、長い時間が経って色合いは変わってはいるものの現在作られる製品と全く違っていないので当時からその完成度は素晴らしかったのです。


白竹三段弁当箱


もちろん、お客様に気づかれないうな細やかな部分では常に改善されている所もあります。


竹職人


しかし、50年もの間、製造販売を続けていても、どこも変わらない白竹三段弁当箱に凄味すら感じるのです。


白竹三段弁当箱


半世紀前、職人の息子さんの初めての運動会。家族で美味しくお昼を食べるために作った弁当箱。様々な竹製品を編み出してきた匠の技を、温かい思い出が包んでいます。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27317

« 「第33回高知県地場産大賞奨励賞」受賞式 | Main | 千葉県君津市の小糸川の護岸竹 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.