竹弁当用に網代編み柄の風呂敷を作りました。


竹弁当箱


通気性の良い竹弁当箱は朝作ったごはんがお昼休みになっても蒸れずに美味しくいただけるとお陰様で好評をいただいています。虎竹、白竹、スズ竹、竹集成材に作られた重箱、竹皮編みのものまで色々と揃っていますが今回これらの弁当箱の持ち運びに便利な風呂敷を作ったのです。


竹弁当用風呂敷g


デザインをどんな風にしようかと色々と考えましたけれど、昔から竹弁当は網代編みが定番中の定番です。ギッシリ目を詰めて編まれた強さ、それでいて柔軟性があり、通気性も確保されるという最高の編み込みをデザインにしました。


竹弁当用網代模様風呂敷


網代編みの模様は、竹をこよやく愛してやまない版画家の倉富敏之先生の作品からデザインをお借りしました。版画の温もりある優しいタッチが大好きなので出来るだけ風呂敷の柄に表現したいと思ったのでした。


竹弁当用風呂敷


こうして見ますと竹虎ロゴマークも見えてなかなかの出来映えです。


竹虎風呂敷


サイズは(大)が70センチ×70センチ、(小)が53センチ×53センチの二種類あって竹集成材の二段重箱なども余裕で包めるサイズです。色は現在のところ一色だけです、ぜひ竹弁当箱と一緒にお使いただければ嬉しいです。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27324

« サイフォン式コーヒーのための竹製ヘラ登場 | Main | 越中福岡の菅笠製作について »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.