「ベスト菅笠ニスト」大賞

竹虎四代目、菅笠


それにしても、この時期の竹林は気持ちがよい。柔らかい日差しが竹葉の間から差し込み竹林全体がやさしい雰囲気につつまれているようなのです。あちこち飛び回りメジロたちも賑やかに遊び出すし、遠くではウグイスの声がしています。


「ホーホケキョ」


なかなかの美声、こうやって上手な歌声が聞こえてくれば春近し。


菅笠


先日この30年ブログでお話しさせていただいた400年も続く越中福岡の菅笠はさすがに素晴らしい、実際に被って竹林にやって来ました。虎竹の里の山を歩けば軽くて使いやすい事はすぐに分かるのです。被りやすさだけでなく、防水性など機能的にも優れているから古来ずっと愛用されてきた民具です。


確かベストジーニスト賞というのがあります。ジーンズの似合う方が選ばれて表彰されているようですが「ベスト菅笠ニスト」賞はないだろうか?この笠、我ながら良く似合っている。


八重山クバ笠(畑用)


おっと、しかしそれなら八重山のクバ笠も忘れる訳にはいきません。「ベストクバ笠ニスト」賞、もちろん、こちらにも応募せねばなるまいて!


トラックバック(0)

コメントする