虎竹ソファベンチに横になって見る夢


虎竹ベンチソファ、竹虎四代目(山岸義浩)


三台製作している虎竹やたら編みソファベンチは竹虎本店に置いてお客様に自由に
座っていただけるようにしています。見比べていただければすぐにお分かりになるように最初に作ったモノと新しいモノとでは見た目も座り心地もかなり違います。


虎竹ベンチソファ、職人


骨組みとなっている鉄製フレームを虎竹で編み込ながら仕上げていますが、初めての時にはその鉄フレームを重ねて溶接していたために若干の段差がありました。


虎竹ベンチソファ


竹の編み込だけでは修復は難しくて座面や側面をフラットにすることが出来ませんでした。


虎竹ベンチソファ編み込み


改良してもらった二度目のフレームでも平らで腰かけやすい座面には少し及ばず三度目のフレーム製作となりました。


虎竹ベンチソファ、竹虎四代目(山岸義浩)


時間と費用がかかるのはいつもの事です。横になってウトウトしながら、このソファベンチが何処かのロビーで見られるようになる事を夢見ています。














| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27589

« 虎竹井戸蓋 | Main | 生活の道具だったスズ竹行李 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.