いよいよ明日、レッドブルボックスカートレース


竹虎四代目(山岸義浩)


小さい頃から何でも乗りこなす子供だった、なるほど祖父の愛犬アトマにも見事に乗っている。いやいや実はシェパードのアトマは警察犬訓練所に預けられていた程の竹工場でもいつも祖父の仕事が終わるのを辛抱強く待っている優秀な犬だったのだ。


レッドブルボックスカートレース、RedBull boxcart race、竹虎四代目(山岸義浩)


しかし、いよいよレッドブル・ボックスカートレースが明日に迫ってきた。竹虎創業125周年記念に日本唯一の虎竹で製作したREIWA-125号を乗りこなさなければならない。


レッドブルボックスカートレース、RedBull boxcart race


応募を決めたのは早かった。なにせ、REIWA-125号を製作した節目の年に開催される事だけでも幸運だと思っていたのに開催日が10月6日という会社設立記念日だったからだ。


レッドブルボックスカートレース、RedBull boxcart race


レッドブルボックスカートレースは、さすがに世界各地で110回も開催されているだけあって出場決定の通知から、ドライバーズオリエンテーション、参加者パスポート等もあってサポート体制も万全、細かい所までしっかりしている。


レッドブルボックスカートレース、RedBull boxcart race、パスポート


そう言えば8月のスペイン大会にはパスポートを持っていないからと職人が同行しなかった(笑)。レッドブル用のはしっかり用意している、少し開けてみる...職人の表情が良くなった、もう勝ったような気持ちになってくる。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27614

« 二宮金次郎生家の竹壁 | Main | 祝・準優勝!レッドブルボックスカートレース »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.