特注の竹簾で漉く土佐和紙は...?


特注竹簾


別誂えで色々なサイズの竹簾をご用命いただく事がありますけれど、これだけ長いものはあまりありません。しかも今回はこの竹簾で和紙を漉くと言います、和紙職人さんの方も初めての仕事なので竹簾作りも手探りです。和紙漉きに最適であろう一枚が完成したところなのです。


竹和紙繊維


竹虎では虎竹繊維を使った和紙を土佐和紙職人さんにお願いして漉いてもらっています。ドロドロの繊維質になった材料が手漉きされる様子をご覧になった事はありますでしょうか?





このようにして和紙漉きをする際、今回の動画では使っていませんでしたが水切り部分に使われるのが竹簾なのです。


和紙漉き


どんな風合いの和紙が漉きあがるのでしょうか、漉きあがった土佐和紙は東京の某ホテルさんの壁をすべて飾ると言います。和紙風壁材ではありません、本物の手漉き和紙で作られる空間というのはどんなに温もりがるのか今から楽しみにしています。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27672

« 近年の竹と害虫 | Main | 布袋竹の遍路杖 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.