「DESIGNART TOKYO」山本滋己さんの木×虎竹


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


「DESIGNART TOKYO」というアートイベントが開催されていてそのメイン会場であるワールド北青山ビルの一階フロアに山本滋己さんの木と虎竹を組み合わせた作品が展示されていました。


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


丸い穴を開けた木材と竹材の組み合わせた作品はアートでもあり家具でもあるそう。


1「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


こうして見ると竹笛のようでもあります。


「DESIGNART TOKYO」山本滋己さん作品


作品に虎竹を選んでいただいて光栄に思っています、ベルリン在住の山本さんが母国での展示会に竹を取り入れたのは日本人の血でしょうか。近未来的でもあり、自然素材の温もりと懐かしさも感じる作品は丸竹をそのままに使っているので割れを心配しましたが本人はあまり気にした様子もありません。


山本滋己、竹虎四代目(山岸義浩)


きっと、もっと遠くを見ているのだと感じました。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27680

« 続・竹虎カレンダー2020 | Main | 新登場の白竹蓋付き脱衣籠について »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.