土佐伝統の皿鉢料理に使う大皿みたいなメゴ笹籠


竹虎四代目(山岸義浩)、メゴ笹籠


何が楽しいかと言って、このような大きなメゴ笹籠が編まれている事です。高知伝統の料理に前菜からデザートまで一つの大きな皿に盛り付ける皿鉢料理というのがあるのですが、まるでこの大きな籠は皿鉢の大皿のようです。


メゴ笹


メゴ笹は、おかめ笹とも呼ばれていて西日本を中心に広く成育しています。画像でご覧いただけるように凄く密集して生えているので、遠い戦国時代には城や砦のまわりに植えられていて、いざ攻められるとなった時には短くハス切りにして針山のようにして守りを固めたと聞いた事もあります。


メゴ笹


元々稈は細いものが多いので、これだけの大きく丈夫な籠を編むとなると太い材料探しだけでも容易ではありません。


メゴ笹籠


編まれたばかりでズシリと重い籠は、しばらく置いておくと見る見るうちに色合いが抜けていき軽くなって扱いやすくなるのです。

















| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/27715

« 京都の手箒 | Main | 手付きのメゴ笹籠 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2020 taketora. ALL rights reserved.