毎日使う竹漆箸が登場です。

毎日竹漆箸


普段使いして頂きたいお箸を作る事にしました、その名も「毎日竹漆箸」。そもそも箸という字は竹冠である事を見てお分かりいただけますように材料が身近にあり加工性に優れ、軽くしなりのある竹は古よりお箸の最適な素材としてなくてはならない存在だったと思います。


今回の毎日箸はネーミング通りに気軽に毎日の食卓に並べてご愛用いただきたい持ちやすさとシンプルさを心がけているお箸です。それでいて一本一本を職人が拭き漆で丁寧に仕上げています。


孟宗竹


竹箸の素材である孟宗竹の多くが活用される事なく今日も竹林にあります。一般の方は竹の種類などあまりご存知ないので沢山余っている竹なら竹ザル竹籠に使えばいいのでは?と思われているかも知れません。しかし、竹籠の素材として孟宗竹を使うのは高知や本当に極一部の地域だけなのです。だから、小さなお箸なので大量ではないものの、現在竹製品に加工できている数少ない一つとも言えます。


竹漆箸


もしかしたらご自身の使われているお箸が竹なのか木製なのかあまり関心のない方もおられるのでしょうか?渋く漆で仕上げた毎日竹箸を手にされても、それが竹なのか木なのか迷う方も多い現代です。


竹箸


新年の節目にお箸を代えらる方もおられると思います。一日三回も必ず手にされる生活道具を意識して竹林に思いを向けられる方が少しでも増えればという気持ちです。


トラックバック(0)

コメントする