名人作無双籠×漆

無双籠


無双籠に漆を塗ると風格というか気品さえ感じさせてくれる全く違った籠になりました。白竹と染竹をあわせた籠だったのが良かったのかも知れません、ずっとこうして見ていたい気持ちになるほど本当に美しい籠に生まれ変わりました。


漆塗布無双籠


海外に暮らされているお客様からのご要望があって耐久性を考えての漆加工であり予想はしていたものの竹籠の良さに漆が思っていた以上に馴染んでいます。


無双かご


日本の漆の歴史は何と縄文時代から延々と続いていると言います、塗料として接着剤としても強く耐久性のある漆が人々の暮らしにどれほど役立ってきたのかも物語っています。


無双籠


名人作無双籠と漆の競演、これで末永くご愛用いただけるのではないかと思います。


漆塗無双籠


無双籠


遠く離れた海外に行ってしまう無双籠の見納めです(笑)。





トラックバック(0)

コメントする