新・山芋籠が出来ました

山芋籠、竹虎四代目(山岸義浩)


やはり背負い籠はテンションが上がります。それも今までにないニューフェイス、しかも手直しして新しく完成したものなので格別です。


山芋籠、背負い籠


背負い籠といっても、細身で縦に長い山芋籠。使い道が決まっているのでそうそう出番があるわけではありません、今は季節外れでもありますが嬉しくて背負ってきてしまったのです。


背負い籠、竹虎四代目(山岸義浩)


前に編まれた籠とは形もサイズも同じです。ただ前回は口部分はじめとして銅線で巻いて仕上げられていたのを竹細工に多用する籐で巻くようにしたのです。強度を考えて本体部分には一本多く力竹を回してます、これで見栄えも使い勝手も数段アップしています。





トラックバック(0)

コメントする