100倍にした水鉄砲「ザ!鉄腕!DASH!!」の思い出

竹虎四代目、孟宗竹


孟宗竹を半割にする事などめったに無いので、どうしてもあの「ザ!鉄腕!DASH!!」の夏を思いだしてしまいます。最初はテレビ局さんからの何気ない電話からだったのですがお馴染みの水鉄砲への問い合わせでした。しかし、詳しく聞いていくうちに驚かされました、何と大きさを100倍にしたいとの事だったからです。


実は日曜日のその時間帯は毎週決まって大河ドラマを見る関係で夕方よりずっとNHKにチャンネルはあわせたままでした。裏番組の日本テレビでTOKIOのメンバーが面白いチャレンジをいつもしている事は知っていたものの、それまでは正直あまり観る機会はなかったのです。だから知りませんでしたけれど何でも100倍にしてしまう企画がシリーズのようになっているとの事でした。


「水鉄砲を100倍にする!?」


水鉄砲は15センチくらい長さなので15メートルっ!?まず聞いただけで無理です。竹虎の工場は長尺の竹を扱うので結構広く天井の高さもあるのです、しかし、それでも一番沢山加工するサイズは4メートル、長くともせいぜい7メートル程度なのです。


それが15メートル...!2倍以上の長さ、しかもの長さの水鉄砲を100人で突きたいと言います。番組の方達は本当に面白いアイデアを考えるのだなあ、机上の空論としては楽しいし夢もある、だけど絶対に不可能だ。電話を切ろうとしたときに


竹虎四代目


「日本全国の竹屋さんに断られました。」


実は竹虎に話を持ってくるまでに色々とリサーチして関東近辺、関西などであちらこちらに当たっていたそうなのでした。それはそうでしょう、素人考えでもかなりの困難が予想されるので頻繁に行き来する事を思えば遠い高知の片田舎より交通の便の良い都会がいいに決まっています。ところが何処に相談しても製作できないと断られた...。


「カチリ」


竹虎四代目のスイッチが入りました。誰もやれないのなら自分達がやらないでどうする?竹に不可能はない。こうして、2013年9月1日の放映日に向かって長く暑い途方もないチャレンジが始まったのです。しかし、久しぶりに思い出しましたTOKIOのメンバー長瀬さん、松岡さんが来られて虎竹の里で竹を伐ったり当日は、しんじょう君も来て撮影現場となった新荘川はお祭りのようでした。詳細は虎竹の里の「ザ!鉄腕!DASH!!」な一日にまとめています。今は水鉄砲と言うとYouTube動画でチラリと登場するくらいでしょうか(笑)。






トラックバック(0)

コメントする