青い竹ざる

 
竹ざる


ずっと心待ちしていた竹ざるが編み上がってきた、これだけ青々とした真竹だと本当に美しい。


青物細工、竹虎四代目(山岸義浩)


横編みの浅い竹ざるで出来の良いものはかなり少ないが、これはとても綺麗に編まれている。


竹ざる


カマボコというよりV字型に取った竹ヒゴを見ていると、1本づつヒゴを引く姿が思い浮かんできた。


竹ザル


少し広めの磨きの縁巻がいい、笑みがこぼれる。


笊


青物を編む方の中には竹の青さにこだわる方がいる、いつだったか「青いうちでないと売れない」と聞いた事もある。しかし竹の良さはそんな一時の事ではない、お客様の意識から変えないといけないのだ。磨きの縁巻と表皮のついた編み込みは、これから時間をかけて微妙に異なった変色をしていく。30年後、こうして見た姿が一番好きだ。そう、このブログが終わる頃もう一度登場させたい。


トラックバック(0)

コメントする