一年かかりました、土窯作り最高級竹炭マドラーがリニューアル

水割りに最高級竹炭マドラー


昨年の春からずっと品切れだった土窯作りの最高級竹炭マドラーがようやくリニューアルして完成しました。今までの倍ほどもある厚み、高温で焼き上げたキンキンと響く心地よい音、ご自宅でウィスキーの水割りで晩酌される方には是非一度お試しいただきたいと思っていますが焼酎のお湯割りなどでも味がまろやかになると言われています。

 
竹炭マドラー、ペットボトル用


竹炭をウィスキーに使うのは某有名飲料メーカーが醸造用として竹炭濾過の水を使うことから多くの方に認知いただくようになりました。ウィスキーの原酒を樽に入れて貯蔵する樽にはクギを使っていません、タンニンと呼ばれる芳香化合物が鉄と反応して黒いインク状の液体が発生するからだそうです。だから竹炭と言っても鉄窯ではなく、昔ながらの土窯でなくてはなりません。


竹炭マドラーと孟宗竹比較


しかし、土窯作りの最高級竹炭とは言え素材の孟宗竹は沢山あるし定期的に焼き上げている竹炭なのに、どうして一年もの時間がかかるのか?もしかしたら不思議に思われる方もおられるかも知れません。近年、良質の竹材不足が顕著になってきています、実は今回の竹炭マドラーリニューアルでもこの竹素材作りに時間を費やしました。


全国津々浦々で迷惑だと言われるくらい生えている孟宗竹も、品質を厳選し3~4年生でこれだけの身の厚みのある極太のものとなると激減します。この肉厚だと菊割の機械では十分に加工できず、1メートルのサイズに切断して細く切り割していています。


竹炭マドラー


竹炭と言えば黒いのが当たり前、ところが1000度の高温で焼き上げた竹炭は銀色に輝いています。素材の確保から加工、そして3ケ月もの間大事に乾燥させた一級の竹材だからこそ生まれたまさに「最高級」です。


ウイスキーが美味しい竹炭マドラー


日本のウィスキーには日本の竹林で育ち焼かれた竹炭が似合います。




トラックバック(0)

コメントする