鬼おろし製造工場をYouTube動画でご覧ください

 
200207006.jpg


SDGs(持続可能な開発目標)の身近な取り組みは、日本人にとって昔から身近な竹を使うことが一番の近道だと思うが、人の暮らしに役立ち生活を豊かにするものでないと広がっていくことはない。そこで、この竹製品はどうだろうか?寒くなって鍋料理が恋しくなると出番の多くなる竹製鬼おろしである。いやいや一年通して大根おろしは使っているのだが、みぞれ鍋は言うに及ばず、他の鍋料理や蒸籠料理でも薬味にはドンブリ一杯の大根おろしを使うので、どうしても冬場が中心になってしまう。


200116605.jpg


鬼おろしは鬼歯を除いた全ての部材を炭化加工することにして防虫効果を高めている。鬼歯が白っぽく見えるのは耐久性を考慮して炭化加工していないからである。しかし、竹の性質により同じ高温と圧力で製造する竹材の色付きにはバラつきがあるので全ての鬼おろしが、このような色合いになっている訳ではない。


1811004011.jpg


いずれによ、鍋セットでも外せないアイテムでもあり、お客様からこのような絵を描いてお届けいただけるような人気商品なのである。この人気者がどのように形になっていくのか?さわりの工程だけではあるがご覧いただきたくてYouTube動画で公開している。




トラックバック(0)

コメントする