漆仕上げの竹丼

拭き漆竹丼


竹の筒状の形と節を利用した容器やコップは簡単に加工出来る事から、かっては各地で沢山あった竹製品のひとつです。この竹丼等も自分達にとりましては身近すぎる食器だからと思って、最近まであまり皆様にご紹介する事がありませんでしたが、実は随分と歴史も古く、ずっと昔から定番として作られ続けてきた竹製品なのです。


竹丼素地


太い孟宗竹を湯抜きした後、更に品質管理のために炭化加工してから削りだして器にしていきます。普通ご覧いただく竹丼はウレタン塗装されていますけれど、そのまま生地の色合はこのようにナチュラルで竹特有の節部分や維管束の縦模様が美しく表れています。


拭き漆竹丼


この竹素材を丁寧に漆仕上げにしますと、この通り!驚くような大変身、高級感が醸し出されてます。


拭き漆竹丼


拭き漆竹丼


竹節なども天然のへこみシワと色合いが相まって味わい深い竹器の完成となりました。

 
拭き漆竹丼、竹虎四代目(山岸義浩)


こうしてウレタン塗装のものと一緒にすると比べものにならない圧倒的な存在感、新しい竹の魅力です。




トラックバック(0)

コメントする