青竹細工と時間職人と

茶碗籠


お正月といば三本束ねた大きな青竹をハス切りにして飾り付けられた門松、最近では少なくなったとは言えやはり見る度にの気持ちがピシッと改まり、清々しい面持ちになってきます。新春には、このような青々とした竹が多用され良く似合いますので今日は新竹で編まれたばかりの茶碗籠を持ち出してきました。


この大きな方の茶碗籠は直径35センチで普通のご家庭用ですが、隣の小振りな籠は直径25.5センチでお一人暮らしの方に喜ばれるコンパクトサイズとなっています。人の暮らしに寄り添う竹籠は人の生活にあわせて姿を変えていきます、大家族が当たり前だった頃の方が見たら、こんな小さな籠を台所で使うと聞けば驚くかも知れません。


真竹


青竹細工には、主に粘りがあり節間の長いこのような真竹が使われています。ガスや熱湯で油抜き加工せずに編み上げていくので虎竹や白竹などの竹細工とは又違って出来あがったばかりの瑞々しさといったら何と表現したら良いか分からない神々しいほどの美しさを感じる事があります。なるほど、竹取物語で竹の中からかぐや姫が誕生するという空想した古人の気持ちも良く理解できます。


竹深ざる


なので青竹細工の職人さんはこの「青さ」をとても気にされている方がいます。中には青い時が見栄えが良いので急いでお客様に届けようとされる事すらあります、確かに生鮮野菜のような側面が少しあって最高の状態を多くの方に知って頂く事も必要かも知れません。


苺籠


しかし、青竹細工がその色合いを保つ時間は皆様が思っているよりずっと短くほんの一時に過ぎません。青竹を伐採した切り口などを見れば分かりますけれど、あれよあれよという間に乾燥して白くなって色褪せます。このような青竹籠がこのままの色合いでいれば何と素晴らしいことか...多くの竹人が同じような事を思い、青さをそのままに留める工夫を考えてきたものの自然の色合いに勝るものは今もってありません。


真竹竹ざる四枚組


丁寧に編まれた四枚組の真竹ざる、編まれてから暫くして青さは少しづつ抜けていきます。


真竹竹ざる四枚組


一年以上経過するとこのような白っぽい色合いに変わってきました。そして、青竹細工は時間職人によって更に進化していきます、これからが始まりなのです。





日本の竹文化の不思議

日置の箕、土佐箕


日本は南北に長く伸びていて北には流氷がやってくる大地、南にはサンゴ礁が広がる温かい島々のある世界でも稀な自然環境を持つ国です。それだけに世界トップクラスの森林国でもある樹木の種類も豊富な事で知られますが、竹の種類も多くて世界約1300種ある内の何と600種もあると言われるほど豊かな多様性に満ちています。そして、数千年に渡って人々の生活の中に常に寄り添い育まれた竹文化も地域ごとに異なる素材によって変化しながら現在に至っていますから知れば知る程不思議で面白く興味は尽きません。


農業に必要なは日本各地で様々なものが作られて来たので、それぞれの土地で身近にあった竹材や木材などを活用して作られています。西日本では竹材を使った網代編みの箕が多く編まれてきました。箕を研究して西日本33か所の産地を調べられた資料を見ても全てが網代編みなのです、ところが、そんな中で鹿児島日置の箕はゴザ目編みであり、普通あまり使われない蓬莱竹と桜皮が使われています。


箕職人


「薩長土肥」などと言う江戸末期の事を言わずとも鹿児島と高知は強い結びつきがあり竹職人の交流もありました。名残のひとつが高知全域でサツマと呼ばれる竹ざるで、網代編みの技術は元々鹿児島からの伝来です。そんな竹編みの技の大元ともいえる薩摩の地でゴザ目編み、それも南方系の蓬莱竹、桜皮、琵琶の木など、同じ目的に使う道具であるのに、この違いは何なのか不思議で仕方なかったのです。


肥かご、箕


だから、そっくりな竹細工が遠く離れた東北宮城県にあるのを知った時には驚きました。非常に特徴的な箕で美しい工芸品としても通用しそうな竹細工、しかし、何故?これほど遠く離れた地域で?同じような素材を使い作りも酷似ているのか?竹と日本人の遥か古より続く歴史とロマンを感じずにいられません。





お一人様脱衣籠(ランドリーバスケット)・竹籠の作り方

お一人様ランドリーバスケット


「歌は世に連れ、人に連れ」という言葉がありますけれど、人の暮らしの中でご愛用いただく竹細工も人の生活スタイルによって変わっていくのは当然の事です。竹虎には竹編みのランドリーバスケットなどもいくつかありますが、次世代脱衣籠などと言って今年の2月に皆様にYouTube動画にてご紹介させていただいたお一人様の脱衣籠という製品があります。





スタイリッシュな形も良いですし、中に市販されているポリエチレン素材のランドーバスケットでちょうど内側に入るサイズにしたのも好評の理由かも知れません。


お一人様ランドリーバスケット


「お一人様」とうたっていますようにお一人暮らしの方でもジャマにならずお洒落なインテリアにも馴染むような作りになっているこの籠の紹介を動画でしていますので今度は、竹職人の手によってどんな風に編まれているのかご覧いただきたいと思います。






根曲竹の盛皿

根曲竹盛皿


根曲竹の盛皿など、なかなか出会う機会のない非常に珍しい竹製品なので実は自分で持っておきたいと思っていました。しかし、やはりこれだけ特徴的な竹材で編まれた盛皿なら恐らくご愛用いただく方の使い方、食材などによって何倍にもその魅力が引き出され多くの方に喜んでいただく事ができるのではないか?そう思いお譲りすることにしたのです。


根曲竹盛り皿


二本子とも呼ばれますが、ふたつの竹ヒゴを並べて編み込まれた根曲竹。熊が頻繁に出没する山深い竹林での逞しい竹たちを見ているだけに、この竹への想いは深まるばかりです(笑)。





竹の伐採は日本全国どこでも大変な作業というのは変わりませんけれど、爆竹を鳴らし、笛を吹き、ラジオの大音声の中で伐竹する根曲竹の山出しは特別かも知れません。このYouTube動画にそのシーンが出てきますので是非ご覧いただきたいと思います。


根曲竹盛り皿縁


縁のあしらいも良い。


根曲竹、竹虎四代目(山岸義浩)


この大きさなので一体どんな豪快な食卓を飾るのでしょうか。大歓声と笑顔が自然と浮かんでくるのです。


根曲竹盛器


根曲竹


三本の根曲竹ヒゴで編まれた少し小振りな盛皿もあって、料理人の方などインスピレーション沸いてくると思います。


根曲竹足


足もいい、好きになる竹細工は細かい所がいいのです。鋸で切った跡の残る鋸目までいいです。


根曲竹蓋付き提籃ミニバッグ

根曲竹蓋付き提籃ミニバッグ


野趣あふれる根曲竹は無骨な編みのイメージがありますけれど、 このような繊細な蓋付き提籃ミニバッグもあるので面白いものです。


根曲竹蓋付き提籃ミニバッグ


サイズは小さくとも堅牢さは変わりません、持ち手もフルオープンになりますので上蓋を外して使い勝手も良さそうです。


根曲竹蓋付き提籃ミニバッグ、竹虎四代目(山岸義浩)


このサイズ感なので一体どうやって使おうか?ご愛用いただく方のアイデアで色々とお楽しみいただけます。


根曲竹御所籠


根曲竹で編まれた御所籠などもあります、これは特製の燻製窯で長時間燻して人工的に煤竹状態にして素材を使っています。竹表皮をそのまま活かして編み込む根曲竹やスズ竹といった細い竹材は、このような加工をすることによって特に竹がイキイキと輝きだすのです。






四ツ目編みのエビラについて

四ツ目編み


竹の旬が良くなって伐採された竹が入り始めると、ようやく少しづつ仕事ができる職人がいる。少し前に復刻したばかりのエビラ(竹編み平かご)四ツ目編みもそんな竹細工のひとつ、このサイズなら思う存分の干し野菜を楽しむことができる。


エビラ籠


近年、竹伐り職人が少なくなっていると各地で耳にするけれど、日本一の森林面積84%を誇り山の仕事が多くありそうに思える高知でも事情は似たりよったりである。不足しそうな竹材なら余分にストックすれば良さそうでも実際はそうはいかない。


えびら竹編み素地


実は同じエビラでも昔から製作してきた網代編みと、復刻した四ツ目編みでは使う竹材が違っている。伝統的に網代編みには竹ヒゴがしっかりしている孟宗竹を使ってきた、木枠を取り付ける前の平編みでも結構な強度があるものだ。


孟宗竹


ところが四ツ目編みとなると孟宗竹のような強さより、しなやかで優しい真竹が編みやすい。


平編み籠


孟宗を伐ったり、真竹を伐ったり...確かに竹林は多くて、伐竹は歓迎されるが年々荒れていて良い竹は随分と少ないのが現状。それを何とか工面して竹編みしたら木枠を付けて仕上げていくのである。


土用干し、干し野菜用


四ツ目編みエビラは古い道具を展示している資料館で見かけてからずっと復刻させたいと思ってきた。同じものを作るのは簡単だが、続けていくのが難しい。そして同じように再現させたい竹は、まだまだある。





続・古い竹籠の修理

修理した竹籠


口巻には柔らかい若竹を使う、しなやかで簡単に切れたり壊れたりするものではないが長い使用の中ではやはり傷んでくる。今回は修理依頼があって、磨き細工に表皮を付けた縦ヒゴが対象的な色合いの竹籠に新竹を使い口巻部分が鮮やかな青で飾られた。


メゴ笹籠


竹の種類は違うがメゴ笹籠などでも青々とした色合いは、すぐに落ち着いた色目に変わり年を追うごとに魅力ある風合いとなる。


古い竹籠


新しく修理した竹も表皮を薄く剥いだ磨きなので、比較的早い時間で本体のゴザ目編みと同じように変化してくる。3年か、5年、10年か、またこの籠を拝見できる機会があれば嬉しい。


口巻の技については、この動画をご覧頂くとその素晴らしさが実感できる。




古い竹籠の修理

コエジョウケ(肥ざる)


古い青物細工は魅力的だ。現場で鍛えられているので何とも言えず迫力がある、竹の強さ、しなやかさ、粘り、軽さ、竹の良いところを100%活かしきっている。長い年月を経てずっと磨き続けられていて完璧に完成された作品とも言える。


コエジョウケ(肥ざる)


農家に立ち寄って納屋にかけられているコエジョウケは面白い。そして、どれも熟練の技に圧倒される。美しく編まれた籠を、農作業で使い込むから更に格好が良くなる。作り手と使い手の息があうと、こんなになるのかと感動する。


マンゴク(万石)


だから、現在コロナ禍ながらパリで開催されている竹細工展には本物の竹ばかり選んでいるのだ。本職が編んで鑑賞にたえる程度の良い竹籠というのは結構少ない。


菊底編み竹籠


さて、そんな古い竹籠がひとつ持ち込まれた。たたずまいですぐに分かる、かなりの腕前の竹細工師にちがいない。修理との依頼だが、新竹の伐採もはじまったこの時期に安心して任せられる職人は多くないけれど、これはキッチリ直して更に末永くご愛用いただきたいと思う籠だ。






日之影町竹細工資料館、廣島一夫作の竹籠

廣島一夫作竹籠コメアゲジョーケ


竹職人・廣島一夫氏の竹籠を展示している宮﨑県日之影町にある日之影町竹細工資料館は貴重な場所だ。人のための道具として使うために作られた竹細工がこうして遺されるのは竹を志す多くの方にとって大切だろう。それぞれの作品に余計な事が書かれていないのが良い、そして籠について説明などしてくれる人がいないのも良い。最低限の説明があった方が楽しんでもらえるかもと前には思っていたが、訪れる人によって勝手に籠が話かけるのも魅力かも知れない。


廣島一夫作竹籠コイヒビ


このコイヒビと呼ばれる籠を自分が魚になった気分で見ていると、つい中に引き込まれそうだ。


廣島一夫作竹籠クワカゴ


桑籠。


廣島一夫作竹籠コザネトオシ


コザネトオシとはトウモロコシ用の籠の事で、砕いたトウモロコシを米の大きさと揃えて一緒に炊いたのだそう。


廣島一夫作竹籠テゴ・ナバトリホゴ


椎茸(なば)採り籠。


廣島一夫作竹籠イリコカゴ


イリコ籠。


廣島一夫作竹籠ミソコシ


味噌漉しザル。


廣島一夫作竹籠ミソコシ


廣島一夫作竹籠シタミ


魚籠(シタミ)、肩の部分が粗く編まれているのは空気を取り入れやすくするためらしい。


廣島一夫作竹籠バラ


バラ。


廣島一夫作竹籠ミソコシ


このミソコシざる、日本中探してもこんな籠は見つけられない。


背負い籠、竹虎四代目(山岸義浩)


大きな背負い籠が展示されている、しかし険しい山々の続くこの辺りの背負い籠と言えば独特の形をした「かるい」。青竹のむせ返るような香りの中、一本の竹が籠になる故・飯干五男さんの圧巻の技。これも竹の神様に導かれた時間だったが、全盛期にはこの籠を一日に三個編み上げていたと言う。





ソーシャルディスタンスのために!?

竹虎四代目(山岸義浩)、竹帽子


新型コロナウイルスによる感染症によって毎日のように耳にするようになったソーシャルディスタンス(social distance)、ご存知のように社会的距離という意味です。人が密集しそうな場所では適度な人との間隔を取る事が今では常識となっていて、自分たちの生活も今年は大きく変化しました。そこで、竹虎でもこの人との距離を取るための工夫ができないかと大きな竹の帽子を製作しようと考えました。理屈は簡単です、自分がいつも被っている竹帽子のツバを広げれば単純に人には近づけませんし、他の人も近づいて来れられません。


201005601.jpg


そこで「大きな帽子を作る!」そう職人に伝えた所、出来あがりつつあったのがコチラ!これでは巨人が被る帽子です(笑)。


200915023.jpg


さて、気を取り直してやり直しています。一体、どんな帽子ができるのやら!?ところで、コロナ対策にはマスクが大きな効果を持っていると言われます。マスクでウィルスの侵入自体は防げませんけれど、咳やクシャミの時には役立ちますし何よりウィルスがいるかも知れない自分の手で口や目、鼻を無意識に触る事がありません。夏場は暑かったマスクも、これからの季節は竹炭マスクのように大きく、厚みのある温かいタイプが良いのではないかと思います。