幻のメゴ笹洗濯かごの理由

メゴ笹職人


地元の高知県では「メゴ笹」あるいは省略して「メゴ」と呼ばれ親しまれている籠材は、背丈も低く「笹」という名前が付けられているので笹の仲間と思われがちなのですが実は最小の竹の仲間です。全国的には酉の市でオタフクを飾ることからオカメザサ、あるいは神楽に使うカグラザサという名前もあって場所が変わってもやはり「笹」と言われているのは面白いものです。


メゴ笹、オカメザサ、神楽笹


稈の高さが1~2メートル、直径が3~5ミリと小さいことから笹と思われているのだと思います。日本には600種の竹があるものの竹と笹の区別というのは複雑で明確な分類ができていません、しかし、とにかくこのメゴ笹は細いながらも非常に丈夫で強い性質を持っていて昔から秀逸な籠素材として愛用されてきたのです。

 
メゴ笹の変色


さて、ここらか本題ですが、良くしなり強靱な繊維をもったメゴ笹は割ったりせずにそのまま丸竹の状態で籠に製作していきます。ただ、ひとつだけこのメゴ笹には他の竹には無い大きな特徴があり、それがこの細工を「幻」としていまう由縁でもあるのです。自分も竹虎に入社して数年は話に聞くだけで見たことがありませんでした。それは何かと言いますと、他の竹材なら伐採しても、しっかり管理していれば一年通して同じように細工の素材として使う事ができます。


ところが、このメゴ笹は伐採して青々としているうちは柔らかく、しなりがあり編組細工にはもってこいなのですけれど乾燥して色合いが落ち着いた頃になると硬くなり籠の材料としては全く使えないのです。メゴ笹の伐採も旬の良い秋から今月いっぱいくらいまでなので瑞々しい素材がある今しか製作することができません、だから圧倒的に数量が少ないのです。


メゴ笹手付き籠


丸竹のまま編まれた籠は、ケバ立ちや、ささくれがなく表面はつるつるツヤツヤで小さなお子様が素手でふれても大丈夫な事からメゴ笹手付き籠は洗濯籠などにも使われています。色が落ち着くに従い、しっかりと硬くなる性質は一旦編み上げてしまうと形が狂うこともありません、貴重な竹材なので是非大切にご愛用いただきたいと思うのです。






時代を感じる御用籠

古い御用籠


この古い竹籠は御用籠と言います。皆さんが一番馴染みがあるとしたら、かっては自転車やパイクの荷台に縛り付けられていた「あの籠」を覚えてはおられませんでしょうか?もちろん若い皆様はご覧になられた事もないかと思いますけれど、ある年代より上の方でしたらこの御用籠が普通に道路を行き来していたのを一度はご覧になられた事があるのではないかと思います。


そもそも、この御用籠はプラスチックコンテナが登場するまでは様々な荷物を運ぶための万能籠のように使われてきました。重たい荷物から軽量のものまで用途にあわせて編まれていましたので種類も多く、一番大きなサイズだとそれこそ大人四人が四隅を持って動かすようなものまであったのです。竹虎の工場にもかなり大きな御用籠がいくつもあって竹の端材を山積みしてリヤカーで運んで行くのを小さい頃には良く見ていました。


御用かご


それにしても、当時の竹籠には味があります、時代を感じます。とにかく丈夫に作らねばなりませんから幅の広い頑丈な力竹が何本も通っています。底を擦りながら運ぶ事も多々ありましたので、ちょうどソリのように縦に二本竹が使われています、竹表皮は滑りが良い事もこのような籠に竹が使わる理由の一つでした。


野菜籠


更に詳しく見ていくと力竹にこのような竹のへこみのある素材が使われている事に気がつきます。ここは節のあるウラ(竹先端部分)に近い部材で今なら絶対に使われないのですけれど、御用籠の需要が多く仕事に追われている職人達が貴重な竹材を余すところなく使い切っている様子がうかがえます。この一か所だけ見ても何十年も前の竹工場の活気や、竹曲げに使う炎や煙、職人の大声まで聞こえてきそうな勢いで迫ってきます。


復刻した籐手提げ籠バッグ

復刻した籐手提げ籠


さて、本日は復刻した手提げ籠をご覧いただこうと思っています。手提げ籠バッグというのは買い物したものが入れやすいように口は大きくしたいので底編みから立ち上がりは垂直か、あるいは口部分になるに従い広がっている籠がほとんどです。ところが、この籠は珍しく口部分がしぼめられているためボディに独特の柔らかい丸みがあって何ともステキです。


復刻した籐手提げ籠バッグ


実は竹材ではなくて籐を使って編まれていますので微妙なカーブなども竹とは違う魅力があり思わず目が留まります。さて、これだけの秀逸な手提籠バッグなので一つ復刻してみたいと思うようになり籐編み職人さんにお願いしていました。復刻の場合、いつもの仕事と違うので当然に同じような形は編むことが出来ずに何個かの試作をせねばなりません。時間も何倍もかかりますが、ようやく編みあがって来たのが自分が左手に持っている白っぽい籠です。


あれ?違う色合いの籐編みにしたのか?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。ところが、右手に持つ茶色がかったオリジナルの方も、元々はこのように白い籐だったのです、時間の経過と共に段々と色合いが濃くなり今の姿になっています。つまり、茶色の籐籠は随分と昔に編まれたもので、デザインもそうですが籐ヒゴを見てもかなりの年期を感じます。


根曲竹手提籠バッグ


この手提げ籠バッグは最近出番の多くなっている根曲竹で編まれた籠。左右の色の違いは別の竹素材かと思うほどですが、やはり経年変色によってこれだけの色合いの違いとなした。左手に持つ茶色の根曲竹は義理のお母さんが若い頃から愛用していた一つ...、この竹の経年変化の面白さ、時間職人の仕事については又ゆっくりと新春にお話しさせていただきます。



籐巻茶碗籠の作り方で「竹」を知ってほしい

茶碗籠


いつもお話しさせて頂くように、茶碗籠には小さい頃からの温かな懐かしい思い出があり数ある竹細工の中でも特別です。いえもっと言いますと茶碗籠だけでなく、その好きな場面にあった平らな竹ざるであったり、いつもは洗濯用として使っていた籠だったり、最後に何も干すものが無くなれば手近にあった簾をひろげていたりしていましたので、そんな生活の中で当たり前にあった「竹」そのものに愛着があるのだと思います。もちろん当時は竹材だけでなくメゴ笹といった笹類、シダ、カズラ、そして柳など自然素材で編まれた籠は生活道具として家中にありました。


竹椀籠


ところが、先日当社にお越しになられたご年配のお客様とお話しをしていても、やはり暮らしてきた土地や環境によって竹などまったくご存じ無い方も当然ながらおられます。ましてや若い世代の皆様にとっては未知の領域(笑)かも知れないと最近改めて感じます。これからの皆様にも広く竹をお伝えしていくには、竹が細く割れて、柔軟性に富む素材という事、耐久性があるからこそ昔から様々な場面で活躍する道具として愛用されてきた事を知っていただくには製造される様子をご覧いただく事は、とても大事だと思っています。





お一人様脱衣籠(ランドリーバスケット)・竹籠の作り方

お一人様ランドリーバスケット


「歌は世に連れ、人に連れ」という言葉がありますけれど、人の暮らしの中でご愛用いただく竹細工も人の生活スタイルによって変わっていくのは当然の事です。竹虎には竹編みのランドリーバスケットなどもいくつかありますが、次世代脱衣籠などと言って今年の2月に皆様にYouTube動画にてご紹介させていただいたお一人様の脱衣籠という製品があります。





スタイリッシュな形も良いですし、中に市販されているポリエチレン素材のランドーバスケットでちょうど内側に入るサイズにしたのも好評の理由かも知れません。


お一人様ランドリーバスケット


「お一人様」とうたっていますようにお一人暮らしの方でもジャマにならずお洒落なインテリアにも馴染むような作りになっているこの籠の紹介を動画でしていますので今度は、竹職人の手によってどんな風に編まれているのかご覧いただきたいと思います。






竹炭ダイヤ籠について

竹炭ダイヤ籠


竹は数千年に渡って衣食住の様々なシーンで人の暮らしに役立ち続けてきました。そこで「笑」という漢字にも竹が使われていると言うのが自分の持論なのですが、近年になって燃料という事以外に竹炭が重用されるようになってきています。昔ながらの土窯を竹炭専用に改良した大型窯で高温で焼き上げるのは主に飲料水用の最高級竹炭です、水道水が美味しいミネラルウォーターになると人気だったり炊飯用としてお使いいただいたり、竹炭も用途が多岐に渡ります。


400度くらいの低温で焼かれたものは消臭用竹炭として、ちょうど今頃の寒くて閉め切ったご自宅のイヤなニオイ対策として使われる事の多い竹炭もあります。この竹炭ダイヤ籠は、そんな竹炭生活を助けるために専用に編むことにした竹籠なのです。消臭用として活用いただく竹炭を部屋に置く時に、和洋どんなインテリアも似合うように考えて製作しました。


籠表皮


竹炭を入れるから籠の色合いは当然黒が良いと思いました、そこでまず竹ヒゴの状態で黒染します。黒染した竹ヒゴで籠を編んでから再度黒く染め上げますので黒さが深まり、仮に竹ヒゴがズレた場合にも下地の色合いがのぞくことはなく、興ざめすることを防ぐのです。


籠力竹


底にはしっかりと力竹を入れてあります、サイズ的に2キロの竹炭(バラ)をゆとりを持って入られますけれど、もちろん竹炭用としてだけでなくアイデア次第で楽しくお使いただける黒染籠です。


マガジンラック


こんな感じで新聞や雑誌を入れるリビング籠としてご愛用いただくとお洒落です(笑)。


角籠


形も丸型と角型の二種類用意しました、置き場所やお好みでご自由にお選びいただければと思います。


竹炭籠力竹


角籠の方にも幅の広いしっかりとした力竹を入れています。この竹籠を編むのは若い頃から竹細工職人として活動をはじめ、子供三人を育て上げた頼もしいお母さんでもあります。女性ならではの繊細さに加えて、しっかりとした作りに温もりを感じるのはそのせいかも知れません。





リビングで役立つ虎竹スクエアバスケット

虎竹スクエアバスケット、籠


長い間、このような角籠を虎竹で作りたいと思ってきました。今年はコロナウィルスによって過去になかったような一年となりましたけれど全てがマイナスばかりでもなく、だからこそ今まで出来なかった物が生み出される事になったのです。


虎竹スクエアバスケット、竹籠


スクエアバスケットは虎竹模様が内側にくるように編んでいます。縦方向に立ち上がる虎竹ヒゴは、必然的に籠の外側面に表皮内側の白っぽい竹肌が見えることになりますので横方向の虎竹ヒゴは反対に外側面に虎模様がくるようにして竹編みの色の面白さを表現しました。


虎竹スクエアバスケット、竹かご


リビングや脱衣場でも使えるようなサイズですので小さな持ち手を付けることによって持ち運びにも数段使いやすくなっています。


虎竹スクエアバスケット、かご


虎竹スクエアバスケット、竹籠


リビングや書斎でマガジンラックとしてお使いになられるのはいかがでしょうか?


虎竹スクエアバスケット、籠


今の所、スクエアバスケットには長角と四角の二種類の形があります。来年はもう少し違った形やサイズも作って仲間を増やせる一年にします。





冬の温泉籠

温泉籠


今日は天気も良くてサンサンと太陽が輝いて気温が上がり、部屋の窓を開けないと居られなかった高知ではありますが、朝晩はさすがに暖房が必要なくらい寒くなってきました。確実に冬の訪れを感じるこの頃、いよいよ温泉が嬉しい季節です。


温泉籠


温泉地で見かける温泉籠は昔ながらの青竹の籠もあれば、女性に好まれる繊細な白竹編みの籠もあります。竹虎でご紹介している「一生もの、苺籠」も温泉籠にピッタリなのでお使いになられる方もおられるようです。


根曲竹手提げ籠


温泉に行く機会はあまりないものの、小振りな竹籠が便利なのは毎日のように使っているのでよく知っています。軽く邪魔にならないので多用している根曲竹の手提げ籠バッグが預けてあった職人さんから帰ってくるとの事で心待ちにしています。





白竹クギ留め粗四ツ目角籠

白竹籠


四ツ目編みの竹籠は数多くありますけれど、こうしてクギ留めで仕上げていくものは珍しいです。熱を加えて直角に曲げた竹フレームを組み合わせて角籠を作っていきます。昔の工芸作家の作品で、もっと幅の広い竹ヒゴを使った美しい籠があったのを思い出します。


粗四ツ目竹角籠


現代では竹材や価格など容易ではなくなりつつある中での製作ですが、クギ留めも場合によっては面白いなと感じます。


竹ざる四枚組


熟練の竹職人が少なくなり美しい竹細工だけでなく、このような三枚組だったり四枚組の竹籠を国産で見る機会は少なくなりましたので、形や大きさにバリエーションのできそうなクギ留め四ツ目籠には、それだけでワクワクします。


竹かご


こうして見ていると、ああも使いたい、こうも使いたい...。竹虎のお客様同様に自分も妄想して楽しんでいます(笑)。





炭鉱で使われていた背負い籠「タンガラ」の不思議

タンガラ、竹虎四代目(山岸義浩)


タンガラ(炭殻)の一番の特徴は何と言っても縁部分にヒョッコリと突き出したアタマ!一体何だろうか?と考えていて背負った時に背中に当たる面を多くする事で円形のタンガラが安定して背負う事ができるのではないか?等とも考えていましたが、実は背負った荷物を下ろす際に役立つというのが正解でした。


201105052.jpg


しかし、これは当時の仕事のやり方を知っていないと分かるはずもない事です。今はリュック式のバッグが流行っていますので若い方をはじめとして多くの方が使っています、背負っている鞄を下ろす時には、片方の腕を背負い紐から抜くのが普通ではないでしょうか。だから、このタンガラにしても片側の紐から腕をぬいて両腕に籠を持ち換えてから中の石炭を下ろすのかと思ってしまいます。ところがです、何と荷物を下ろす時にも両腕から背負い紐を抜くことなく頭を下にさげて、そのままバラ撒くような格好で使っていたのです。下のYouTube動画で詳しく説明していますけれど、その時にこの突出したアタマが役立ったのでした。





もう一度先日の30年プログでご紹介した大きな背負い籠をご覧ください。背中の方にある大きな背負籠は乾燥した軽い枯れ葉を集めるための籠、前に持っている少し小さな背負籠の方は草刈り籠で、生の葉を集めて入れる籠なので重量がある分だけ少し小さめに編まれています。背負籠の大きさ、使い方、それぞれによって違いや工夫の生まれる暮らしの道具、興味が尽きません。


背負い籠