昭和のお母さん愛用、虎竹手提げ買い物籠バッグ

 
虎竹買い物籠


「ザ・買い物籠」と呼びたい昔ながらの定番竹籠バッグと言えばコチラの虎竹買い物かごです。毎日手軽に使える軽さ、丈夫さ、持ちやすさ、使いやすさなど全てを兼ね備えた極みのひとつだと思います。


昭和の買い物かご


昭和の時代を知らない若い皆様に、買い物籠の事をお話しても伝わりにくいかも知れません。しかし、当時の台所を再現すれば必ず台所の何処かに、近所のお店に行くためにお母さん方が愛用した手提げ籠があります。


虎竹手提げ籠バッグ


昭和から平成、そして令和と時を経て、当たり前に使われていたレジ袋からマイバッグを携帯するようになって少し竹籠も見直されています。小さく折りたためる薄手でも強度のある手頃な製品は色々とあるようですけれど、竹の良さは長くひとつの籠を持ち続けられる事にあります。先日持ち手の修理をご依頼いただきましたけれど、こうして修理すれば新品の竹籠のようにお使いいただけます。YouTube動画で持ち手を修理する様子をご紹介していますので是非ご覧ください。




最後まで試行錯誤して登場、虎竹スクエア茶碗籠

 
茶碗籠


茶碗籠の思い出に一方ならぬ思い入れがある事は、いつもお話させて頂く通りですけれど、それは幼い頃からの原体験であり茶碗籠だけでなく生活の中で使われてきた竹を、ついつい追い求めてしまうのは、今では会う事のできない優しいあの顔だったり、戻ることのできない温もりの時間を探しているのだろうか?と自分で自分の事を見ています。


虎竹スクエア茶碗籠、竹虎四代目(山岸義浩)


さて、今回登場しましたのは昨年から定番となりました日本唯一の虎竹を使ったスクエアバスケットのシリーズとしての茶碗籠です。


虎竹スクエア茶碗籠


虎竹スクエア茶碗籠底部分


水をはじいて防水性が一番高く、一番丈夫な竹表皮部分を内側にしているので茶碗籠としてお使いいただいた場合の水切れも早くなります。


虎竹スクエア茶碗籠接写


虎竹スクエア茶碗籠、足部分


何度もやり直したのが足部分です。茶碗籠として通気性は必須ですので足を付けて籠の底部分を持ち上げておかねばなりません。最初は半割竹を籐でかがる昔ながらの細工で仕上げていましたけれど、どうも洗練された感じになりません。


虎竹スクエア茶碗籠力竹、竹虎四代目(山岸義浩)


そこで厚みのある虎竹を火曲げしたUの字型の足をつけています。底にはスクエアバスケットには取り除いた力竹をしっかりと入れて補強しました。


虎竹スクエア茶碗籠、食器


試しに食器類を入れてみると何と3.5キロ!お二人から三人暮らしのご家庭では余裕の収納力ではないでしょうか。


虎竹スクエア茶碗籠


虎竹スクエアバスケットは熟練の職人によってこうして編まれています。どんな風に作られてくのか?YouTube動画でご覧いただきますと籠の事や竹の特性も深く知っていただけるのではないかと思います。竹虎では他の編み方や竹製品なども多数ご紹介しています。




もうひとつの染やたら手提げミニバッグ

 
染やたら手提げミニバッグ


先日限定でご紹介させていただきました染やたら染やたら一本手提げミニバッグは特別価格だったこともあってすぐに完売となってしまいました。お問合せいただきました皆様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変に申し訳ございませんでした。もう少しだけ追加で製作できそうですのでお待ち頂ける方は「再入荷お知らせ」ボタンからお申込みいただきましたら改めてご連絡させてもらいます。


やたら編み竹籠


さて、実はこのやたらミニバッグには薄染のタイプも作るようにしています、ただしコチラは個数が本当に少なく追加製作の予定もありません。そもそも手提げ籠バッグにせずに花籠か何かにできないかと思っていた所、可動式の長い籐二本手なら持ち手が邪魔にならず、どちらの用途でも使えそうだと思って持ち手付にしています。


やたら編み手提げ籠


同じサイズのやたら編みの籠ですけれど、色目と持ち手で随分と雰囲気が変わります。


染やたら手提げミニバッグ


こちらの薄染やたらの方も完成するのは11月以降になりそうです。秋も深まって、この籠が似合ういい季節には登場させたいと思っています。


限定予約の染やたら手提げ籠バッグ

 
染やたら一本手提げミニバッグ


深まる秋にピッタリな雰囲気の染め竹を使って小振りな一本手竹バッグを作りました。口には竹虎生地で巾着を付け実用的に仕上げています。


染やたら手提げ籠バッグ編み込み


「やたら」とは、「やたらめったら」と同じ意味あいで職人の感性で自由に編みこまれる技法です。ゴザ目編みや六ツ目編みのように決められた編み方がありませんので、それぞれ出来あがった籠の表情が微妙に異なるのが面白いところです。


染やたら一本手提げミニバッグ


染やたら一本手提げミニバッグ竹ヒゴ


竹ヒゴを良くご覧いただきますと二枚重ねになっている事がお分かりいただけるかと思います。二枚剥ぎにした竹ヒゴを使う事によって柔らかさと強さとを兼ね備えた竹籠にしています。


染やたら一本手提げミニバッグ


普通の手提げ籠に比べるとかなりのミニサイズなので身の周りの大切な小物だけもってのお出かけに活躍しそうな竹籠バッグです。


手提げ籠力竹


底には小さい籠には似つかわしくないくらいの迫力ある、しっかりした力竹を入れています。


染やたら一本手提げミニバッグ


今回は珍しく予約販売です(笑)、只今予約受付中でお渡しできるのは11月下旬を予定しています。




塗り脱衣籠の裏側

 
塗り衣装籠


不要不急と言うことを毎日のように耳にしますので、今は温泉旅館に行かれるような事は少ないかと思いますが、この塗り脱衣籠は人気の温泉街にあるホテルや宿屋さんなどで浴衣を入れて使われている籠です。もちろん着替えを入れてご自宅使いにされる事も多い定番のひとつです。


塗り脱衣かご素地


塗り脱衣籠は、しばらくの間製造できなくなっていた竹籠です。復刻する機会に元々は真竹で製作していたものを強度を高めるために竹素材を太い孟宗竹に変えました。枠に当たる口巻の部分などには長く太い竹が必要だったからです。


塗り衣装籠


旬の良い時期の竹ばかりで製作されますが、近年は虫が喰う事が多くなりましたので塗り加工して仕上げてから穴を開けてしまうと大変です。そこで素地のまま数ケ月、長いものだと一年以上も保管しておいて様子を見ていました。ところが今度は乾燥の具合によって細い竹ヒゴが弾いてしまっています。


塗り脱衣かご


孟宗竹は少し硬めの素材です、しかし同じ編み方でも全く平気なものもあれば、そうでないものもあり竹の個性次第なのでその辺りにも気を配らねばなりません。つくづく竹の難しさを感じる毎日です。




網代編みの竹模様

 
煤竹波網代バッグ


この煤竹バッグは美しい網代編み、波打って見えることから波網代と呼ばれます。


網代二段弁当箱


少し太めの竹ヒゴですが同じ網代編みをしている二段弁当箱と比べてみると違いが際立ちます。


虎竹網代鼓椅子


虎竹網代鼓椅子


虎竹網代鼓椅子の座面も虎竹の網代編みで仕上げられています。同じ網代でも四角いラインのように編み目模様が浮かびあがる桝網代とよばる技法。見え方は違いますが細かい手仕事は同じです、波網代をリズミカルな手さばきで編み込む職人の仕事は飽きません。




日本唯一の虎竹で復刻させた伝統の竹細工虎竹四ツ目衣装籠

 
日本唯一の虎竹で復刻させた伝統の竹細工虎竹四ツ目衣装籠


以前は多い時なら100個単位で編んでいた衣装籠がありました。磨き細工といって竹表皮を薄く剥いだ竹ヒゴを使って編み上げるのですが、全部揃った納品時などは本当に壮観だったことを思いだします。今では、そんな大量に製造する事もなくなりましたものの、どうにか虎竹で復刻できないかとずっと思いがありました。


虎竹四ツ目衣装籠


元々は大中小と三個のサイズで一組だった昔ながらの衣装籠ですけれど最初から大きなサイズは難しいので一番小さいな籠を復刻しています。しかし、それでも幅44センチ、奥行き31センチ、高さは17センチの堂々とした大きさです。


虎竹四ツ目衣装籠、竹虎四代目が使う


虎竹四ツ目衣装籠三段重ね


磨き細工とは全く違う独特の虎模様が美しく、着替えのシャツやソックス、身の周りの小物など入れておくのには最高に便利な竹籠です。もちろん脱衣場でバスタオルや下着入れなどにも重宝しそうです。


虎竹四ツ目衣装籠、力竹


底には三本のしっかりした力竹入り、虎竹はこのような籠になると更に雰囲気が良くなり魅入られます。


虎竹四ツ目衣装籠を編む職人


磨き四ツ目、虎竹四ツ目籠


磨きの竹籠と並べるとその違いが際立ちます。磨きは真竹ではありません、昔から編まれていた四ツ目衣装籠も実は虎竹と同じ淡竹でした。現在では青竹の籠は真竹ばかりではあるものの、熟練の職人には淡竹は節が低く真っ直ぐに割れるので実は好まれて多用されてきた素材なのです。


虎竹四ツ目衣装籠、竹虎四代目(山岸義浩)


大きなサイズも作ろうか?でも、もしかしたら今の住宅事情ではこのサイズが一番適しているのではないか。別の大きさは皆様のご意向次第です。




虎竹花籠四海波の編み方

 
虎竹花籠四海波、Tiger bamboo flower basket


何度かご紹介させていただいております虎竹花籠四海波をご存じでしょうか?持ち手の付いたタイプと付いていないタイプがあってお好みですが持ち手付がバランスがようように感じます。


虎竹花籠、Tiger bamboo flower basket


手軽にお使いいただける編み込みとサイズで昔から人気の花籠のひとつです。


特大白竹花籠四海波


ところが稀にこのような別注が来たりします、大きさは随分と違いますが同じ編み方の四海波です。


虎竹花かご四海波、Tiger bamboo flower basket


さて、本日はこの四海波がどのように作られているのかYouTube動画でじっくりとご覧いただきたいと思っています。1本の竹ヒゴが見ている間に立体的な籠になります、竹のしなりや柔軟性が良くお分かりいただけます。


虎竹花籠四海波、Tiger bamboo flower basket


「日本の伝統・竹職人の手仕事公開!虎竹花籠手付き四海波の編み方」是非ご覧ください。




新登場の虎竹角手提げ籠でコンビニへ

 
210730036.jpg


虎竹の里では竹虎本店の目の前にあったローソンは無くなってしまい最寄りのコンビニに行くのにも車で5~6分も走らねばならず少し不便になっています。しかし、皆様のお住いのところの多くでは身近にコンビニがあり快適にお買い物もできるのではないかと思います。


210730035.jpg


以前は当たり前のように入れてもらっていたレジ袋が有料となり、何かの調査では7割以上の方がレジ不要としているとの事です。野菜等はじめ沢山の食材を購入するスーパーには大きめの手提げ袋や買い物籠を持参されている方を多くみかけます、ところがこれからはコンビニでもそのような光景が見られると楽しいと思っています。


210730022.jpg


新登場の虎竹角手提げ籠は、ちょっとのお買い物にジャストサイズ、(大)(小)ふたつの大きさをご用意しています。


210730037.jpg


持ち手がフルオープンで小物入れとしても邪魔になりませんので室内でも活躍の場が広がりそうな竹籠です。


限定で染竹四ツ目コンビニ籠

 
【限定】染四ツ目コンビニ籠


竹コンビニ籠などと言ってますけれど元々は随分と前に花籠として編まれたものです。このような染めの竹製品は一時期大量に輸入されてきましたので、しっかりご説明しないと安価な竹細工と間違われるかも知れません。しかし、手にした瞬間にさすがは地元でも名うての職人が編んだだけの事はある頼りがいのある作りだと分かります。


【限定】染四ツ目コンビニ籠


【限定】染四ツ目コンビニ籠


細部も当時の丁寧な仕事ぶりを今に伝えてくれているかのようです。


染四ツ目コンビニ籠


そこで持ち手が少し細身ではありますが大事にお使いいただける方に手提げ籠としてご紹介する事にしたのです。もちろん元来の花籠や小物入れとしてもご活用いただければ嬉しいです。


手付き竹籠


染四ツ目コンビニ籠


既に残り少なくなっています。古い職人さんに聞いたら販売価格は、昔編んだ時の値段とあまり変わらないそうです(笑)。そこが人気なのかも分かりませんけれど、ページにあるだけですので好きな方の元にお届けできればと思います。