花を愛でる


53044c57.jpg最近は花を活けるゆとりも忘れています。花の力ってすごいです、ほんの一輪あるだけで空間がなごみます、やさしい空気がながれます。別に立派な花カゴは必要ありません、何だったら空き缶や不要になったガラスの器でもいいのです。活け方も自由自在、好きな花を好きなように投げ入れで楽しむ。
春の気持ちのよい天気に誘われて、庭先でついつい嬉しくなって、花を沢山摘んでしまった時などには少し大きめの竹カゴがあると重宝するのです。












| コメント(2) | トラックバック(0)


コメント(2)

春ですねぇ。
こちら滋賀では菜の花が満開でとてもきれいです。
桜は来週くらいかな。

さて、

先日の富山ありがとうございました!

大変勉強になりました。
私も昨年よりスタッフを抱えるようになりましたので四苦八苦しておりますが、元気をいただきました。ありがとうございました!

でも、最後寝てしまって失礼しました。

村上さま

竹虎四代目です。

寝顔を拝見しながら
日頃は激務にはげまれているのだと
勝手に想像していました。

さすがに3次会でしたから
仕方ないかも知れません

それにしても
富山のみなさん、パワフルですね。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23118

« キャベチャ | Main | 竹皮の履き物ご存じですか? »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.