虎竹ハンドバック


fd43d384.jpgまあ、ハンドバックなんていったら、まず革。ボクは革製品が大好きで専門店なんかいくと時間を忘れてしまう方です。財布やバックを手にとり、手触りを確かめながらジッパーを開けたり、ホックを外したり、どうやって使おうかとか、何を収納できるかとか、どんな風になじんでくるのかとか色々考えるのです。
ところで、竹虎だったらやっぱり竹。
でも、竹のハンドバックなんて見たこともない人がほとんど。だから、ボクはふだん使っている財布も名刺入れも、システム手帳も虎竹ですが「それ何ぃ?」という顔をされるのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/23172

« 父の日には | Main | 発車オーライ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.