厄よけ

2007年1月31日

db65c29e.jpg厄よけの儀式は地方により違うようですが高知では輪抜けといって竹輪を左周り、右周り、左周りという順にくぐって厄よけするという風習があります。ご注文いただいた竹輪も紅白の生地がまかれて厄よけに使われるものなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


雑誌Hanako掲載

2007年1月30日

7b3b6ea2.jpg雑誌Hanakoの「手仕事の国、日本の美しい道具。」でずっと愛せる雑貨セレクションに掲載していただいたのはメゴ笹洗濯かご。昔は銭湯にいくと脱衣場にあったようなかごですが、使い勝手のよさ、デザインの面白さが最近人気なのです。ボクも洗面所で脱衣かごとして使っていますが毎日の暮らしにすっかり馴染んでいます。職人さんが一人しかおられず、材料をとる方もいないので本当にわずかしか制作されず、3年間は商品がなかった時期もあり話しでしか聞いた事のない「幻のかご」と言われていメゴ笹洗濯かご、ご紹介できるうちは続けていきたいと思っています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹の看板

2007年1月29日

f38413bb.jpgそのホテルに入っている懐石料理のお店の看板を一目みて気にいりました、すべて「竹」で出来ています。枝まで上手にいかして作られた看板に足をとめてしばらく魅入ってしまいました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


取材

2007年1月27日

44dd1bd7.jpg長寿テレビ番組「遠くへ行きたい」の取材で丹波哲朗さんの息子さんで丹波義隆さんがお越しいただいておりました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


エビラ

2007年1月26日

c305caac.jpgエビラっていうと怪獣の名前かなんかみたいですが、このあたりでは昔から干し大根作ったり、お芋をほしたりするのに使われてきた道具なのです。遠くから来られたお客様は「どうやって使うのですか?」「商品かざる什器ですか?」なんていって珍しがられる地域性のある商品です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


タンス用

2007年1月24日

e619f5e8.jpg和紙で竹炭をひとつづつ包む作業をしています、竹炭タンス用として主に使われる竹炭なんですが、机の引き出しの他にバックの中にしのばせる方もおられるようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


冬のお部屋に

2007年1月23日

13ee2788.jpg寒い季節はお部屋の空気もこもりがち、なんだか「よどんでる」と感じたらコレ。置き竹炭、消臭、調湿などいろいろと言われますが竹かごに入れられた竹炭そのものに癒しを感じられる方も多いようです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


矯め直し

2007年1月22日

f2cff1db.jpg入荷した新竹は、それぞれのサイズに切断されガスバーナーであぶって製竹されていきます。曲がりのある竹はガスバーナーであぶられた熱をそのまま利用して矯め木とよばれる道具で真っ直ぐにしていくのです。虎竹縁台枝折り戸の柱なども一本一本この作業をしているお陰で綺麗な仕上がりの商品にすることができます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


黒竹の回廊

2007年1月20日

c7d5add0.jpg渋谷駅をおりて坂道をのぼっていきます。慣れない人混みに一息つこうと立ち止まったビルで目にとまった竹の回廊。気をつけていると意外に多い竹のあしらいに大都会に暮らすひとたちも知らず知らず癒されていたり、心地よかったりしているではないでしょうか。どうやって取り付けてあるのだろう?竹の色落ち具合は?などと色々気になりますが、こういう竹が実は竹虎からお届けさせていただいた竹だったりするので楽しいのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


野冊

2007年1月19日

9be4153b.jpg世界的な植物学者の牧野博士が虎斑竹の命名の父というのは前にお話しました。高知のご出身という事もあり高知市内の五台山にはすばらしい植物園があるのですが、昨年の11月にこの牧野植物園で見せていただいた野冊を参考に新商品を作ってみました。野冊とは植物採取の際に植物が傷まないように挟んで大切に運ぶための道具ですが、基本的に山間部を持ち歩く道具のため丈夫さが要求されます。












| コメント(0) | トラックバック(0)


白竹バスケット

2007年1月18日

ebc5a10a.jpg昨日の青竹を湯ぬきすると出来るのが実は白竹。晒し竹(さらしだけ)とも言います。この竹で作られた白竹バスケット(平)がお部屋の小物をキッチリ整理できて人気です。ひとつあれば便利で、あるだけで心がなごむそんな竹バスケットなのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


湯ぬき

2007年1月17日

bcc66cf3.jpgマダケは湯抜きといって、沸騰させたお湯で竹の油抜きをして布でふきあげていきます。湯気をあげながら青々とした竹が美しい白竹に変わっていく作業は毎年この時期の風物詩なのです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


異空間の珈琲

2007年1月16日

f97fc246.jpg四万十川に出張する途中でいつも立ち寄る老舗の喫茶店があるのです。最近はあまり来る機会がないものだから1年半ぶりくらい…ツタのからまるドアを開けて店内に入ると深く、濃い豆の薫り。壁や天井や柱に焙煎の煙がしみついて店内すべて珈琲色になっているのです。一歩足を踏み入れたら異空間という日常を忘れられる大切な場所、裸電球のやさしい灯りと焙煎する煙で時を忘れたいところですが残念ながら時間がなくて一杯飲んで腰をあげようとして柱に目が留まりました。孟宗竹を四角に育てた図面竹、やっぱり珈琲色でした。












| コメント(1) | トラックバック(0)


アイル賞授賞!

2007年1月15日

2cc9bccc.jpgWEB1グランプリ2006においてアイル賞を授賞させていただきました。虎竹の古里焼坂の頂から眼下にひろがる土佐湾はどこもまで青く、広く、あたたかな日差しをうけてキラキラと輝く虎竹の里から決意も新たにしています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


春よ来い

2007年1月13日

b76bf0e0.jpgまだまだこれから寒い日が続く季節ですが春のお出かけが待ちきれなくなるような虎竹二段ピクニックバスケットができました。暖かくなったらどこにでかけようか?あれも詰めて、これも入れて...考えるだけでもわくわく楽しくなってくる手頃サイズのバスケットです。












| コメント(1) | トラックバック(0)


いい香りに誘われて

2007年1月12日

c478ab67.jpg東京で慣れない電車にのって道に迷いながらたどり着いた1軒のベーグル専門店イーストリーグトベールさん。手でこねる、形をととのえる、煮る、焼く、想像以上に人の手によるハンドメイドの工程が多いのでビックリ、まさに職人の世界なのです。食品という竹とは随分違うジャンルては言っても同じ手作りの現場は心地いい緊張感と新しいものを生み出す喜びにあふれているように感じました。












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎マーク

2007年1月11日

52603830.jpg年初に配った竹虎ピンバッチ。竹虎二代目義治の思いのこもったデザインです。胸元にキラキラ。もっと、もっと輝けるように…。












| コメント(1) | トラックバック(0)


玄関飾り

2007年1月10日

fc8c0d78.jpg年末にできあがった特別サイズの竹炭は食卓の盛り皿としても使えますが、玄関飾りや花台、ちょっとしたオブジェとしても使えそうなスグレものです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


竹炭パン

2007年1月 9日

d4b34504.jpgパンといえば、ちょっと変わった黒い竹炭パン。微粉末の竹炭パウダーをまぜこんで焼いています。大手コンビニでも竹炭入りサンドウィッチを売り出したり、炭入りの真っ黒いどら焼きがデパ地下で話題だったり昨年は色々と見かける事のおおかった食べる竹炭。ボクも体内に悪いものがタップリ?みたいなのでデドックス狙って竹炭豆、竹炭寒天、竹炭飴、竹炭煎餅...アレコレ食べています。












| コメント(0) | トラックバック(0)


朝の香り

2007年1月 8日

dd651f05.jpgご飯が炊きたての朝の香りは何か幸せな気分になってきますが、パンが焼ける香りというのもなかなかいいものです。最近はご家庭でも手軽にパンが焼けるようになってきたそう、ほんの少しゆとりを感じてもらえるような竹のバターナイフでお出かけ前の忙しい時間にちょっとひと息。












| コメント(0) | トラックバック(0)


虎竹の里の天満宮

2007年1月 6日

228dd39f.jpgさすがです、虎竹の里の安和天満宮。お札には何と虎竹。日本唯一の竹をつかったお札なんてここだけではないでしょうか?ご利益ありそうです。












| コメント(0) | トラックバック(0)


赤フン男

2007年1月 5日

2daf4bdb.jpg年始早々、赤フンにはまいりました。実は今年の年賀状の舞台は26年ぶりのオキナワ。万座毛という象の鼻みたいな岩をずっと覚えていて高校時代に立って写真を撮った同じ場所で写真を撮ったのです。同じポーズでボクより何倍もインパクトのある年賀状を送ってきた赤フン男は沖縄マイスターの中西さん。どうして同じ場所で、同じポーズなのか?それは、ボクの写真を撮ってくれた本人だから...。中西さんは沖縄をこよなく愛し、なんでも知っている博士のような人、沖縄旅行が10倍楽しくなる凄い方なのです。今度行ったら又案内してほしい!でも、その前に来年の年賀状は負けない!












| コメント(0) | トラックバック(0)


お正月料理に銀の皿

2007年1月 4日

f5d4cc39.jpg高温の土窯で硬く焼き上げられた竹炭は、自然な節やねじりが面白く銀色に輝く肌つやが美しい、おめでたい席にぴったりの盛り皿となりました。おせち料理を一際美味しそうに見せてくれる、やさしい存在感でテーブルを囲む人達をなごませてくれる、新年早々うれしい銀の皿です。












| コメント(0) | トラックバック(0)


はじまりの朝

2007年1月 3日

c3b05965.jpg静まりかえった元旦の朝、古びた桐箱から竹かごを取り出す。正座する。背筋がのびる。はじまりの朝。












| コメント(0) | トラックバック(0)




このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.