のりかご


norikago.jpg


この竹かごは、海苔を採る時に使いよったようです。古いかごで実は展示されちょったと言いますが、内側の所々に、びっくと海苔のようなものが付いちょります。職人さんが高齢で編めなくなったという事で、何とか出来ないろうか?と相談いただきましたけんど、とにかく大きな篭で大変やったです。大きいという事はヒゴも丈夫ということで、年々、力の弱わくなる竹職人さんやったら、なかなか上手く編みあげる事ができません。実は、2人の職人さんが、


「よっしゃあ、やっちゃる!」


と、挑戦しましたけんど編み込みの途中で、


「こりゃあ、テコにあわん(手に負えない)」


言うて出来ませんでした。3人目の職人さんでようやっと編みあがりましたけんど、出来上がりを見て、たまげたちや。見本のかごよりもよう出来ちゅう!職人さんの腕ち凄いぜよ。みんなあが大絶賛しちょります。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24281

« 背負いかご | Main | 壁竹 »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.