塩取りかご


塩取りかご


「塩取り籠よ...。」


職人さんに教えられましたけんど、どうやって使いよったがやお?びっくと聞いてみたら、小さい頃ワシらあも海の水を空き缶に入れちょいてから、火をたいて塩を作って遊んだ覚えがありますけんど、それと同じながです。海水を完全に煮詰める前の苦汁液が残った状態で、この塩かごに入れて吊りさげちょいて、苦汁を自然に取り除くいう事ちや。


おばあさんの時代には、虎竹の里でも浜で塩づくりを普通にしよったと話しよったちや。こんな塩取り籠は、あんまり見た事なかったけんど、それぞれの家にあったがかも知れんにゃあ。













| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taketora.co.jp/mt/mt-tb.cgi/24336

« 土佐の竹弁当 | Main | 虎竹の里だけぜよ »

このページのトップに戻る
お客様の大切な個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス等)を業務以外に流用しません。
個人情報の取り扱いについて
虎斑竹専門店竹虎トップに戻る

Copyright (C) 1997-2018 taketora. ALL rights reserved.